当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

暑中見舞いや残暑見舞いと言った、古くからある慣わしが最近になって見直されています。
やはりアナログにしか出せない魅力や価値に、皆さんが気付き始めているのではないでしょうか。

ここで、暑中見舞いや残暑見舞いを出す時期と、返信を送る時期について復習しておきましょう。
今の時代だからこそ、こういった風習に関するルールはおさえておきたいところですね。

スポンサーリンク

暑中見舞いと残暑見舞いの由来

暑中見舞いは夏の最も暑い時期に、暑さによる相手の体調を気遣ったり、自分の近況を伝えたりするお便りのことです。
昔の人たちは、一年をお盆とお正月の2期に分けた考え方をしていて、期の始まりには贈答品を用意し挨拶回りをしたそうです。

明治時代になると、郵便配達が発達したことから、簡略化した手紙での暑中見舞いに変化していったと言われています。

 

お盆の時期の贈答習慣は、お中元として引き継がれていますね。

なので、お中元を贈る場合には、暑中見舞いや残暑見舞いを出さなくても大丈夫です。

残暑見舞いは「暦の上では秋になったのにまだまだ続く暑さ」によって相手を気遣うお便りです。

残暑見舞いは、暑中見舞いまでにお便りを出せなかった場合や、暑中見舞いをもらった相手に自分が出していなかった時のお返しとして出す場合などに使われます。

暑中見舞いと残暑見舞いはいつからいつまでに出す?

一般的に、暑中見舞いを出す時期とは、梅雨があける頃からお盆に入る前までです。
そして、暑中見舞いの終わりの時期は、暦の上で秋になる「立秋」の前日まで。

この時期を過ぎると、「秋なのにまだ暑いですね」という残暑見舞いになります。
残暑見舞いの終わりの時期は「白露」の前日まで。

これは、暦の上では空気が冷えてきて霜(露)ができ始める頃のことです。
毎年、大体9月7日~9月8日頃になります。

 

でも、「9月に入ってから残暑見舞いってどうなんだろう?」って思いますよね!
マナー的には正しいのですが、受けとった側の心情を考えると、8月末までに出すのがいいのではないでしょうか?

暑中見舞いは夏の盛りに出すので、
「猛暑厳しい折」
「厳しい暑さが続いております」
などの言葉を使います。

一方、残暑見舞いでは「晩夏」や「立秋」などの言葉がふさわしいでしょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いと残暑見舞いの返信はいつまでに出す?

暑中見舞いや残暑見舞いをいただいた時に、相手に出す返信もやっぱり時期が重要です。

特に暑中見舞いは、
「暑中見舞い」として出すか、
「残暑見舞い」として出すか、
相手に届く時期を考えて判断しなければいけません。

相手に出す返信が、立秋の前日までに届くのであれば「暑中見舞い」。
立秋以降になるのであれば「残暑見舞い」になります。
残暑見舞いの場合には、8月末までに届くようにしましょう。

 

返信を書く場合、気になるのは「お礼を書くかどうか」だと思います。
季節の挨拶状は、元々、目下から目上に対して「挨拶に伺うところ書面で失礼いたします」という見合いを含んでいるので、目上の人から先に届いてしまった場合は「相手に失礼である」ということになってしまいます。

そのような時には、通常の暑中見舞いや残暑見舞いの文面だけにし、暑中見舞いを受け取ったことについては触れないようにするとよいでしょう。

 

一方で、「暑中見舞いが届いたこと、いただいて嬉しかったことを素直に伝えることは自然なことで、マナー違反ではない」という考え方もあります。
このような場合は、通常の暑中見舞いや残暑見舞いに、「暑中見舞いをいただいたことへのお礼」を書き加えましょう。

 

どちらがよいのか迷うところですが、暑中見舞いを出す人は年賀状以上に少なく、ほぼ近しい間柄の場合が多いのが現状だと思います。
また、親戚(特に夫の両親や親戚など)の場合には、「素直な気持ち」で書いた方が相手によい印象を与えるのではないでしょうか。

素直に嬉しいと感じた気持ちを伝え(そうすることで、暑中見舞いが届きましたという報告にもなります)、相手への気遣いの言葉や自分の近況を伝えた方が、相手との距離も縮まるでしょう。

まとめ

送る時期や使う言葉さえ間違わなければ、暑中見舞いや残暑見舞いは決して難しいものではありません。

最近は携帯電話が広まって、メールやラインですぐに連絡がとれるようになり、お便りを出す機会はどんどん減っています。
年賀状もメール等で済ます人が増えているようですね。

だからこそ、直筆で書かれたお便りをもらうのは嬉しいものではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事