当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

あなたのお宅では、お盆の時期になると、「迎え火」や「送り火」を行いますか?
昔に比べると少なくなりましたが、お盆の間ご先祖様の霊が帰って来るために行う大切な行事です。

そこで今回は、この迎え火や送り火のやり方について、もう一度おさらいをしてみましょう。

スポンサーリンク

迎え火のやり方

迎え火とは、ご先祖様の霊が我が家に帰って来る際に迷うことがないよう、「ここがお家ですよ」という目印のために火を焚くことです。

それでは、ご先祖様の霊が迷うことなく帰って来られるようにするため、準備するべき必要なものと、その迎え火を行う日にちや時間について解説します。

迎え火に必要なもの

迎え火を行う際には、おがらと呼ばれる麻の茎の皮の部分を剥いて木質部を乾燥させた棒状のものと、ほうろくという素焼きのお皿が必要となります。

このほうろくというお皿の上で、おがらに火をつけることになります。

おがらとほうろくは、お盆時期の前頃になると、花屋やホームセンター、ショッピングセンターなどで手に入れることができます。

迎え火を行う際は、おがらを適当なサイズに切り、ほうろくの上にいくつか重ねて火をつけます。
燃えにくいようであれば、新聞紙をおがらの下に置き、先に新聞紙に着火させると燃えやすくなります。

最後に残ったおがらの燃えカスは、火が完全に消えたことを確認し、新聞紙などにくるんで捨てましょう。

迎え火を行う日にちや時間

迎え日を行う日にちは、お盆の初日となります。

しかし、地域によってお盆の日にちが異なり、以下の3つのタイプに分かれます。

新盆でお盆行事を行う地域 : 毎年7月13~16日
旧盆でお盆行事を行う地域 : 毎年8月13~16日
旧暦の7月13~16日でお盆行事を行う地域 : 新暦に換算すると毎年違う日付になる

このことから、新盆での迎え火は7月13日旧盆では8月13日に行います。

そして、家の目印とするために迎え火を行いますので、迎え火は夕方以降に行うようになっています。

送り火のやり方

送り火とは、迎え火とは反対に、お盆の間帰って来ていたご先祖様の霊を、お盆が終わる頃に送り出すために火を焚くことです。

それでは、ご先祖様の霊をしっかりと送り出すための送り火に必要なものと、送り火を行う日にちや時間について解説します。

送り火に必要なもの

送り火で必要なものは、迎え火と同じく、おがらほうろくです。
送り火の方法も、ほうろくの上でおがらに火をつけ、その火から出る煙が、ご先祖様が天に戻られる時の道標となります。

また、ナスやキュウリをご先祖様の乗り物となる精霊馬として、送り火の際に燃やす地域もあります。
送り火を行った際も、おがらの燃えカスの処理はきちんと行うようにしてくださいね。

送り火を行う日にちや時間

送り火は、お盆の最終日に行います。

迎え火の際にもお伝えしましたが、地域によって新盆と旧盆でお盆の行事を行う日にちが違います。
新盆の場合は7月16日旧盆の場合は8月16日に送り火を行うことになります。

送り火を行う時間は、午後、もしくは迎え火を同じく夕方以降となります。
その理由は、ご先祖様はお盆の最終日の午前中まで家でゆっくりされるからと言われています。

そして、送り火をする際には、迎え火を行った場所と同じ場所で行いましょう。

スポンサーリンク

マンションなどの集合住宅の場合はどうする?

迎え火や送り火は、本来自宅の玄関先で行うようになっていますが、マンションなどの集合住宅にお住まいの場合、玄関先で火を焚くことは難しいですよね。

迎え火の場合、おがらなどを使わずに行うのであれば、盆提灯を用意し、提灯の中でロウソクに火を灯し、玄関先に立って一礼し、黙祷します。
その後、安全のためにロウソクの火はすぐに消火しても大丈夫です。

もしも、お盆の間ずっと提灯に明かりを灯しておきたいと考えるのであれば、今では電池式のロウソク型ライトが販売されていますので、そちらで代用もできます。

送り火の際も、提灯を使って同様の方法で行うといいでしょう。

まとめ

日本のお盆の風物詩であり、伝統的行事でもある「迎え火」と「送り火」は、先祖の霊が安心してお盆の間帰って来られるよう、思いを込めて行いましょう。

また、迎え火と送り火は火を使いますので、小さなお子さんと一緒に行う際には、注意して行ってください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事