当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

お盆玉という風習はご存知ですか?

もし「なにそれ?美味しいの?」という方がいれば、この記事に目を通しておいたほうが良いかもしれません。
と言うのは、それを知らずに頂いたとしたら、少し焦ってしまいますし、場合によっては失礼にもなりかねません。

今回は、お盆玉の由来と、その周辺知識を網羅してまとめてあります。
お盆に親戚と会う予定の方は、チェックしておくことをお勧めいたします。

スポンサーリンク

お盆玉とは?いつから始まったの?

お盆玉とは、お年玉と同じく、お盆の時期に子どもや親せきに渡す「お小遣い」のことを言います。

お盆玉の発祥と言われているのは、山形県の「お盆お小遣い」で、江戸時代にはすでに存在した風習なんだそうです。

もともとは、奉公人に衣服や下駄などを贈る習わしだったものが、昭和初期頃から子どもにお小遣いをあげる風習へと変化したそうです。

お盆玉の相場は?

お盆玉が全国に広まり始めたのはここ数年のことなので、まだ平均的なお年玉の相場は定まってはいませんが、だいたい、お年玉と同額か、少し少額を渡しているようです。

小学生では1000円、中学生では3000円、高校生では5000円前後が今の相場となっています。

お年玉もそうですが、お盆玉も気持ちが大事ですので、負担とならない範囲で包むといいでしょう。

スポンサーリンク

お盆玉は中学生にもあげるもの?

これまで、親戚の子どもにお小遣いをあげるということが、お正月の時のお年玉くらいでした。
しかし、今ではお盆玉という風習までありますので、正直誰にあげたらいいのか悩んでしまいますよね。

特に欲しいものが増えてくる、中学生の親戚の子どもとお盆に会う際には、お盆玉はいくらにするべきか、そもそもあげるべきなのかと気になります。

 

中学生にもお盆玉をあげるとなると、金額も小学生の子どもよりかは多く用意しなければなりませんよね。

そこで、中学生にもお盆玉をあげるかどうか悩んだら、親戚同士付き合いが深く、あげたいと思える相手にはあげるようにしましょう。
普段から交流もなく、付き合いも少ない場合には、無理にお盆玉を用意しなくても特に問題はないでしょう。

しかし、中学生となると、高校受験を控えている場合もありますので、そのような子どもがいる場合には、受験を応援するつもりで「お盆玉」をあげると喜ばれるでしょう。

お盆玉にお返しは必要?

お盆玉はお年玉と同じようなものとお話してきましたが、お盆玉のお返しについても、お年玉と同様に考えておけばいいでしょう。

例えば、祖父母からのお盆玉にはお返しは不要だけれど、親戚間のお小遣いのやり取りについてはそれぞれルールを決めておく、などしておけば問題ありません。

親戚間のルールとは、お小遣いを親戚間で子どもたちに準備するのであれば、子どもの年齢ごとにそれぞれ同額にしておく、などです。
もしも、お小遣いをくださった親戚のお家にお子さんがいない場合には、頂いた金額の半額程度の菓子折りなどをお返しに渡すといいでしょう。

お盆玉専用のポチ袋なんてあるの?

年末に近づくと、スーパーやコンビニでもお年玉袋を見かけるようになりますよね。
実は、最近では「お盆玉」専用のポチ袋も販売されるようになりました。

スーパーやネット通販だけでなく、郵便局でもお盆玉ポチ袋を購入することができます。
お盆玉と呼ばれるように、ポチ袋の絵柄は夏の風物詩などで彩られ、受け取る側をワクワクさせるようなデザインとなっています。

しかし、もしもお盆玉専用のポチ袋が手に入らなくても、無理にお盆玉専用のポチ袋にこだわる必要はありません。
お正月の際のお年玉で余ったポチ袋が季節を問わないデザインでしたら、それらを代用してもいいでしょう。

お盆玉をあげたくない!必ずあげないといけないの?

お盆玉が風習化していると聞き、必ず用意しなければならないのかと心配になるかもしれませんが、お盆玉は必ずあげなければいけないということはありません。

あなたが「あげたい」』と思うのであればいくらか包んであげたらいいでしょう。
でも、「今回はお財布の事情があってあげられないな」と思うのであれば、包まなくても大丈夫です。

お盆や年末年始に親戚の子どもたちに会う機会があると、お小遣い問題で頭を抱える方も多くいらっしゃるかも知れません。
しかし、お小遣いは「お気持ち」ですので、経済的にかなり負担になるようであれば無理はしないようにしましょう。

まとめ

お盆玉は、必ずあげなければならないというものではありません。

ただ、余裕があるのであれば、夏休みを楽しむ子どもたちを喜ばすためにお盆玉を用意してみてもいいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事