当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

海水浴に行くときに、意外と困ってしまうのが貴重品の管理です。

もちろんビーチに大金を持っていく人はいないと思いますが、どうしても最低限必要なものは出てきてしまいます。

今回は、海水浴場での貴重品の管理方法、そして関連するおすすめグッズを紹介しますので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

海水浴場へ持っていく最低限必要なもの

まずは、海水浴場へ持っていく最低限必要なものを、サラッとご紹介します。

基本的なものばかりですが、出発間際はドタバタしやすいので、一応目を通しておいてくださいね。

水着

海水浴へ行くとなれば、水着は忘れないようにしましょう!

海水浴場でも購入できる場合がありますが、試着が難しかったり、お気に入りの水着が見つからない場合もありますので、お気に入りの自分の水着を持参したいですね。

バスタオル

バスタオルは海水浴後のシャワーにも必須ですが、海で泳いだ後の休憩中に身体が冷えないように身体に巻くこともできます。1枚あると便利でしょう。

日焼け止め

海水浴場では日陰の場所が少ないですし、海面からの太陽の光の反射はかなりきついものとなっています。

そこで、海水浴中は日焼け止めを必ず塗っておきましょう。

ティッシュ・ウェットティッシュ

海水浴中に食事を取る際や荷物を触る際、海から上がった後にすぐ手が洗えない場合がありますので、除菌効果のあるウェットティッシュを持っていくといいでしょう。

また、海水や砂場で汚れた荷物などを拭く際にも活躍します。

ビニールシート

海水浴場ではビーチなどの砂場も大変熱くなっています。
そこで、海水浴中に疲れたらビニールシートの上で休んだり、また荷物を置いておくにも便利です。

荷物としてもかさばらないので、ぜひ1枚持っていきましょう。

海水浴場での貴重品の管理方法

海で泳いだり、海の家で食事をしたりする海水浴場では貴重品の管理に困りますよね。

ここでは、海水浴場での貴重品の保管方法をいくつかご紹介しましょう。

コインロッカーに預ける

比較的大きな海水浴場で、海水浴客も多い海水浴場では、荷物を預けるためのロッカーが設置されていますので、貴重品を保管することができます。

海の家に預ける

大きな海水浴場では、「海の家」という食事を提供したり、海水浴に必要なアイテムをレンタルできるお店がオープンしています。

海の家では、食事などのサービスだけでなく、荷物預かりサービスを行っている場所もありますので、海水浴場に向かう前に、問い合わせておくといいでしょう。

海の家に貴重品を預ける際には、きちんと中身の確認をしておきましょう。
中に何が入っているのか、メモをしておくのもいいですね。

スタッフが常駐している海の家に預けるとしても、盗難の恐れがないとも限りません。
その点は注意しておきましょう。

防水アイテムを使い肌身離さず身につける

スマホや薄くて小さなお財布くらいのサイズでしたら、首にかけることができる防水カバーなどに入れて持ち歩くことができます。

貴重品を肌身離さず持ち歩けるので安心感があります。

車の中に保管する

ロッカーや海の家に貴重品を預けることが難しい場合には、自分の車の中に保管し、車の鍵を防水カバーなどに入れて身につけておくことができます。

しかし、夏の海水浴場では車上荒らしに遭う危険性があります。
警察が巡回していることもありますが、車内に貴重品などを残しておくのであれば、車を自分の見える場所に停めておくなど、細心の注意が必要となります。

スポンサーリンク

海水浴場で貴重品の管理に便利なおすすめグッズ

それでは最後に、ビーチで役立つ貴重品の管理グッズをいくつかご紹介しましょう。

ただこれらも完璧に防水したり、盗難を防止できたりするわけではないので、使用する際にはあくまで自己責任でお願いします。

水に浮く防水スマホケース

【楽天市場 Hamee TV】

5.8インチ画面のスマホに対応した防水スマホケースです。
ケースにスマホを入れたまま、画面操作・写真撮影・通話も可能なので大変便利です。

ケースにはエアクッション加工がされており、万が一身体から離れても海に浮くので、海中で失くすことはありません。

ウォータープルーフスマホケース アームバンド

【釣具のポイント 楽天市場店】

スマホを首からかけたくないという方は、腕に巻きつけるタイプの防水スマホケースがおすすめです。
アームバンドがしっかりと腕にフィットしているので、海水浴中も気にせず楽しむことができます。

デメリットとしては、腕がスマホケース型に日焼けをする恐れがあります。

ベルト付き防水バッグ

【楽天市場 ウィッシュ】

バルトの長さが57~90cmまで調整できるので、ウエストポーチやショルダーバッグとして使うことができます。

シンプルなビニールバッグですが、中にはスマホやタバコ、サングラスや車の鍵などが入るので、貴重品を一つにまとめて持ち歩くことができます。

ペットボトル型の隠し金庫

【楽天市場 セレクトショップ SIG】

ちょっとユニークな金庫です。

人が飲んでいるペットボトルは誰も盗まないだろう、という心理作戦で貴重品を隠すことができるペットボトル型の隠し金庫です。

まとめ

せっかく家族や友人と海水浴へ行っても、貴重品の心配をしながらでは思いきり楽しめませんよね。

貴重品を安全な場所に預けたり、防水アイテムを利用して自身で管理したりと工夫が必要です。

そして海水浴へ行く際には、貴重品はできるだけ少なくして行くことも心がけましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事