当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

毎年、当たり前のようにやってくるお盆。
しかし、このお盆の起源や由来をご存知の方はどのくらいいるでしょうか?

お盆にお休みを取るのはなぜ?
「盆踊り」で踊るのはなぜ?
今回は、こういったお盆に関する素朴な疑問にお答えしていこうと思います。

スポンサーリンク

お盆の起源・由来とは?

まずはお盆の起源から見てみましょう。

盂蘭盆会(うらぼんえ)というのが、お盆の本当の呼び方です。
語源はインド語の「ウランバナ」という言葉から来ていて、「逆さ吊り」という意味があります。
ちょっと怖いですね。

 

一体、なぜそんな物騒な名前になったのでしょうか?
…実は、ブッダが生きていた時代にまで、話はさかのぼるんですよ。

ブッダの弟子の一人・モッガラーナは、母親をなくしてしまいました。
彼は念力を使い、自分の母親が死後どこに行ったかを探します。
そして、彼女が地獄で逆さ吊りにされて、さらに飢えに苦しんでいることを知ります。
自分の母親を地獄から救いたいモッガラーナは、ブッダに相談します。ブッダは、
「母親を救いたいなら、多くの僧の力が必要になります。僧たちにできる限り多くの食べ物と飲み物を施しなさい。」
と彼にアドバイスをします。ブッダの助言通り、たくさんの飲食物を僧たちに供えたおかげで、モッガラーナの母親は、無事に地獄から救われました。

これがお盆の始まりと言われているんです。

 

ちなみに、この出来事は、旧暦の7月15日のことでした。
その日が、現代の暦ではだいたい8月の半ばにあたるため、現代では日付を統一して、8月15日を中心としてお盆を設定しているんですよ。

ただし、地域によっては、この旧暦の日付をそのまま使い、新暦でも7月15日前後にお盆を行うところもあります。

お盆にお休みをする理由

さて、ではどうしてお盆に休みがあるのでしょうか?

お盆休みの起源は、江戸時代の薮入り(やぶいり)という休日が由来といわれています。

商人の家に住み込みで働いていた奉公人は、旧暦の1/16と7/15に実家に帰ることが許されていました。
1/16は小正月・7/15はお盆です。
実はこの二つ、当時からすでに家族でおこなう行事として、重要視されていた祝日だったのです。

この伝統がずっと受け継がれてきたので、今でも正月とお盆や休みがあるのが一般的なんです。
今でもこの2つの祝日には、実家に帰る人も多いですよね。

また、これらの日は、閻魔の賽日(えんまのさいじつ)とも呼ばれ、地獄の鬼でさえもお仕事?はお休みなんですよ!

スポンサーリンク

なぜ盆踊りをするの?

夏祭りといえば、盆踊りをするところも多いですね。

このお盆踊り、先ほど登場したブッダの弟子・モッガラーナが関係しているんです。
実はこのモッガラーナ、母親が地獄から救われたと知ったとき喜びのあまりに踊りだしたそうなんです。
このときの踊りが、盆踊りの元だと言われているんですよ。

 

そのほかの説もあります。

お盆には、先祖の霊がこの世に帰ってきます。
盆踊りは、そんな帰ってきた先祖の霊を慰めたり、またお盆明けにあの世に送り出すために行われていたともいわれているんです。

これは、平安時代の空也上人がはじめた念仏に合わせて踊る、「踊り念仏」が元になっているといわれています。
さらにその後、鎌倉時代に登場した一遍上人により、全国的に盆踊りの風習が広がったとのことです。

そしてこの頃には、宗教的な意味合いは薄れ、娯楽的な行事へと盆踊りは変わっていきます。

まとめ

お盆は、ブッダの弟子であるモッガラーナの亡き母親を助けるための行動が、由来といわれています。
また、江戸時代には、すでにお盆は休みをとって家族で過ごす日となっていました。

現代人のわたしたちも見習って、お盆にはきちんと先祖の供養をしましょうね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事