当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

余ったご飯の保存方法、お宅ではどうしていますか?

特に夏場など、湿度の高い季節は気がかりですよね。

今回は、余ったご飯のおすすめの保存方法と、NGな保存方法をご紹介します。
更には冷凍ご飯の解凍方法まで紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

余ったご飯のおすすめの保存方法

まずは、余ったご飯の保存方法を4つご紹介しましょう。

ラップで包んで冷凍保存する

時間が経ったご飯がまずくなるのは、ご飯の主成分であるでんぷんが時間とともに劣化するからです。
でんぷんの劣化を防ぐには、急速加熱、急速冷却が基本です。

この理に適ったのが冷凍保存です。
でんぷんの劣化が抑えられるので、比較的長期間ご飯のおいしさを保つことができます。

上手な冷凍方法
・ご飯が温かいうちに小分けにしておく
・押しつぶさないように気を付け、平らに均してラップに包む
・粗熱がとれたら冷凍庫へ

ラップに包んだ上からアルミホイルで包むか、アルミの皿の上で冷凍すると、アルミの熱伝導によって急速に冷凍が進むため、さらにおいしく保存できます。

上手く冷凍すれば、炊き立てと遜色ないおいしさを保てる冷凍保存ですが、過信は禁物です。
乾燥した冷凍室内で、ご飯の水分はだんだんと失われていきます。

冷凍してから4日目以降からだんだんと味は落ちていきますので、なるべく早く食べることをおすすめします。

専用の容器を使って冷凍保存

ラップに包んで冷凍した場合、包んだご飯の量にムラができ、解凍時の仕上がりがまちまちになってしまうことも多いでしょう。
お茶碗一杯分など使いやすい分量で冷凍できる専用の容器を使えば、温めすぎや、温め不足を解消できます。

ご飯の冷凍保存専用なので、レンジで加熱した際に余分な蒸気を放出できる蒸気口など、おいしさを保つ工夫も満載。
手間をかけずにご飯を冷凍することができます。

【楽天市場 ケンコーコム】

木製のおひつを使って常温保存する

短時間の保存におすすめなのが、木製のおひつです。

炊飯器の保温機能で保存していたご飯がおいしくないと感じたことはありませんか?
それはおいしく炊きあがったご飯を、保温機能でさらに過熱し続けた結果、ご飯の水分が失われてしまったから。
炊飯器内にたまった蒸気が、水滴となってご飯の上に落ちるので、ご飯がベチャベチャになってしまうことも。

その点、サワラやヒノキの木でできたおひつは、ご飯の蒸気を吸い取りおひつの中を一定の湿度に保つので、ご飯がベチャベチャになる心配はありません。
むしろ、おひつで保存したご飯の表面はしっかりとしまり、中はもちもち。
食感が良いのが特徴です。

また、おひつで保存したご飯は、人間が甘みやうま味を感じやすい温度まで冷まされています。
冷ご飯がおいしいなんて信じられないかもしれませんが、きちんと保管すれば炊き立て以上のおいしさが味わえますよ。

使い方は簡単で、炊き立てのごはんを乾いたおひつに入れて保存するだけ。
あとはおひつがご飯の水分を調整し、よりおいしくしてくれます。

使ったあとはタワシでよく洗って、乾燥させましょう。
中性洗剤やクレンザーも使えるので、気負う必要はありません。

陶器のおひつを使って常温保存する

木製のおひつは敷居が高いと感じる方には、陶器のおひつがあります。
陶器の表面には細かな気泡があり、木製のおひつと同様、ご飯の余分な水分を取り、湿度を一定に保ってくれます。

また、保存しておいたご飯をそのまま電子レンジで加熱できるのが、陶器ならではの便利さ。

陶器のおひつは近年人気があり、お茶碗一杯分のおひつや、おにぎりなども保存できる商品もあるため、ライフスタイルに合わせて選べます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おいしさ伝えるおひつ / 電子レンジ可能 陶器製
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/7/1時点)

【マーキュリー 楽天市場店】

おすすめしない保存方法

次に、おすすめしない保存方法を3つご紹介しましょう。

炊飯器の保温機能で放置

先ほども触れましたが、実は避けるべきなのが炊飯器の保温機能をつかった保存。

最近では炊飯器の機能も向上し、おいしさを保ったまま保温できる炊飯器なども出てきてはいますが、やはり炊き立てのご飯と比べると味は劣ります。

これは、保温中ご飯を加熱し続けることで、ご飯の水分が失われるため。
加熱により発生する蒸気も、ご飯を黄ばませる原因になります。

電気代の節約の面でも、保温機能を使った保存はおすすめできません。
保温5時間で、炊飯1回分もの電力を消費してしまいます。

もし保温機能を使う場合には、最高でも1日以内に止めましょう。
おいしく食べたいのであれば、3時間以内に食べるのがよさそうです。

冷蔵保存

ご飯の主成分であるでんぷんは2~4℃の間で劣化しやすい性質があります。

冷蔵庫はまさにでんぷんの劣化しやすい環境と言えるでしょう。
冷蔵庫で保存したご飯は、乾燥してパサパサとした食感になり、味が落ちます。

しかし、短時間でれば冷蔵庫で保存したい方も多いはず。
冷蔵庫でも比較的おいしく保存するには、ご飯はよく冷ましてから密閉して冷蔵すると良いようです。

くれぐれも熱いうちに密閉しないこと。
湯気の水分がご飯についてしまうと、カビや雑菌の繁殖する原因になってしまいます。

常温保存

常温での保存で気になるのが、ご飯の傷みです。
夏場は6時間ほど、冬場でも1~2日以内には食べきりましょう。
それでも、できれば夏場は常温保存は避けたほうが無難です。

木製のおひつには殺菌成分があるともいわれていますが、そちらも過信は禁物。
常温保存であることには変わりがないため、長期保存は避けましょう。

スポンサーリンク

上手なご飯の解凍の仕方

冷凍したご飯の自然解凍は、でんぷんの劣化をすすめてしまうのでNGです。

凍ったまま電子レンジで急速加熱するのが正しい解凍方法です。
電子レンジによっては、解凍コースなどの緩やかに解凍を行う機能もありますが、ご飯に関してはそれらの機能も必要ありません。

レンジで2分加熱後、一度ご飯をほぐしてから、さらに1分加熱するなど途中でほぐす手間を加えるとふっくらと仕上がります。
加熱時間はご飯の量や電子レンジによって違いますので、良い加熱具合を見付けましょう。

まとめ

ご飯をおいしく保存する方法はいろいろあることが分かりました。

ライフスタイルに合わせて保存方法を選べば、余ったご飯をよりおいしく食べられそうですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事