当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

おうちのトイレ、黒ずみの汚れで悩んでいませんか?

新築のおうちではあまり心配ないものの、トイレの便器も数年使用していると、どうしても汚れてきてしまうのは仕方ないもの。

今回は、トイレの黒ずみの原因と予防法をご紹介していきます。
汚れが落ちにくくなる前に、早め早めで対策をしていきましょう!

スポンサーリンク

トイレが黒ずむ原因

トイレの水回りに付く通称「さぼったリング」やトイレのふち裏のしつこい黒ずみ、その原因はズバリ「カビ」です。

水道水に鉄分が多く含まれている地域では、水垢に付着した鉄分が酸化し便器を黒くすることもありますが、これは稀なケース。
多くの場合、黒カビがトイレの黒ずみの原因になります。

しかし陶器でできたトイレになぜカビが付くのでしょうか?
それには以下のような理由が考えられます。

トイレの黄ばみ

トイレの汚れや、それが蓄積してできた尿石がトイレの黄ばみの原因です。
これらは尿石と呼ばれ、尿に含まれるタンパク質が固まったもの。

黒カビはこのタンパク質が大好物です。
つまりトイレの黄ばみに黒カビが繁殖することで、黒ずみの原因になります。

水垢

水垢は、水道水に含まれるカルシウムが便器に固着したものです。

水垢が付くと、本来ツルツルしているはずのトイレの表面がザラザラになります。
そこに水分や汚れがとどまることで、トイレがカビの繁殖に適した環境になってしまいます。

細菌や微生物

微生物や細菌が、カビの原因になることもあります。

問題になるのは微生物や細菌の生み出す「ぬめり」。
お風呂場の汚れでもよく目にする「ピンク汚れ」がその代表です。

このような、便器の表面に付いたぬめりにもカビが繁殖しやすいので注意しましょう。

ホコリ

空気中に舞うホコリにも要注意。
ホコリの中には、カビ菌が混ざっている可能性があります。

ですから運悪く黄ばみや水垢、ぬめりなどの上にカビ菌を含んだホコリが舞い落ちると、繁殖に適した環境でカビが元気に繁殖を始めてしまうのです。

少しでも空気中のホコリを減らすために、トイレの床や棚、電球なども定期的にホコリ取りを行いましょう。

トイレの黒ずみの落とし方

カビが原因の黒ずみには除菌と漂白が同時に行える、トイレ用の塩素系漂白剤がおすすめ。

トイレ用塩素系漂白剤としては「ドメスト」や「トイレハイター」などの商品が知られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドメスト 500ml【イチオシ】
価格:306円(税込、送料別) (2018/7/22時点)

【楽天24】

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

除菌洗浄トイレハイター(500mL)【kao1610T】【ハイター】
価格:235円(税込、送料別) (2018/7/22時点)

【楽天市場 爽快ドラッグ】

ここからは、トイレの黒ずみの落とし方の手順をご紹介していきましょう。

手順1:水抜き

まず、トイレの水抜きを行います。
これは、洗剤が水で薄まらないようにするためです。

水抜きの方法はトイレの説明書に明記されていますが、いちいち調べるのは面倒ですよね。
雑巾でトイレの水を吸い、バケツに絞るようにすれば手軽に水抜きできます。

この際、トイレの水は悪臭を防ぐ役割があるため、水を抜いたトイレから臭いが出る場合があります。
悪臭で作業が辛いようであれば、トイレの水は排水溝を塞ぐ程度に残しておいても問題ありません。

手順2:漂白剤をかける

黒ずみの気になる箇所にトイレ用漂白剤をかけ、30分から1時間ほど放置します。
特に頑固な黒ずみには、トイレットペーパーを乗せ、上から漂白剤をかけて湿布しておきましょう。

頑固な黒ずみはついつい力任せに擦ってしまいがちですが、それでは逆効果です。
便器に傷がついてしまうとその傷がカビや汚れの温床となりますので、トイレットペーパーの湿布で汚れを浮かせて取り除きます。

手順3:ブラッシング

トイレットペーパーで湿布をしていた場合は一度水を流してから、ブラシで擦り洗いをします。
汚れや黒ずみが浮き上がり、軽くブラッシングしただけできれいに落とせるはず。

黒ずみがあまりに頑固な場合は、日を改めて、尿石を取りやすい酸性洗剤なども試してみましょう。
塩素系漂白剤は、酸性洗剤と一緒に使用してしまうと有毒なガスが発生するので、必ず別の日に行ってください。

スポンサーリンク

トイレの黒ずみを予防する方法

トイレの黒ずみを予防するには、まずカビの原因となる汚れをこまめに取り除くことが先決です。

トイレ用中性洗剤を使う

黒ずみには塩素系漂白剤、尿石には酸性洗剤を使いますが、一緒に使うと有毒ガスが出てしまうと聞くと不安を覚える方も多いでしょう。

頑固な汚れには、それに対応した強い洗剤を使わなければなりません。
しかし、日々のちょっとした汚れから対策していけば強い洗剤は必要ないのです。

一般的なトイレ用中性洗剤を吹き付け、ブラッシングする掃除をこまめに行えば、簡単にトイレの黒ずみを予防できます。

置くタイプの洗剤を使う

もっと手軽なのが置いておくだけの洗剤を使う方法。
水の中に沈めておくタイプや、手洗い部分に置いておくもの、便器に張り付けるものなどがあります。

使用する前に、あらかじめトイレをきれいに洗浄してから使いましょう。
これで、トイレ掃除の回数を劇的に減らせます。

まとめ

嫌なトイレの黒ずみの原因は、実は黒カビだったんですね。

日常のちょっとした汚れからこまめに落として、トイレの黒ずみを予防していきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事