当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

秋の夜空を見上げると、とてもきれいなお月さまを見ることができます。

「中秋の名月」や「十五夜」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。
しかし、その由来を知っているとなると、かなり少数になるのではないでしょうか?

今回は、中秋の名月にまつわる由来や、当日に何をするのかをあらためて解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

中秋の名月の由来

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜のことをいいます。

どうしてこの日を「中秋」と呼ぶのかと言いますと、暦の上では7月~9月が秋の季節とされており、その真ん中にあたる8月15日を中秋と呼んでいるからです。

そして、その旧暦の8月15日の月はとても明るく美しいことから、名月と呼ばれ、「中秋の名月」という言葉となりました。

中秋の名月と言えば、満月のイメージを持たれているかと思いますが、実は中秋の日でも満月ではない年もあるんです。
次回の中秋の名月が満月となるのは2021年で、日付は9月21日となります。

中秋の名月と十五夜との違いは?

まず、「中秋の名月」とは先ほどお伝えしたように、旧暦の8月15日の夜を意味します。

そして十五夜とは、旧暦の8月15日のことをいいます。
ですので、意味合いとしては同じ日のことを意味します。

ちょっとした違いですが、知識として違いを知っておきたいですね。

スポンサーリンク

中秋の名月には何をする?

中秋の名月は、秋に採れるイモ類や穀物の収穫に感謝する日とされています。

ここでは、中秋の名月には何をするのかを解説していきましょう。

月見台を用意する

月見台とは、お月見をする場所にお供え物などを置くための台です。

お供えする物の大きさや量にもよりますが、

  • ちゃぶ台
  • 小さなテーブル
  • 庭のガーデンテーブル

このような物で、代用することができます。

お月見をする場所が室内で窓から眺めるだけという場合には、出窓の張り出し部分を利用する方法もあります。

お団子をお供えする

まず、月の見える場所にお団子を供えましょう。
このお団子を「お月見団子」とも呼びますよね。

中秋とは十五夜とも言いますので、十五夜にちなんでお団子も15個お供えします。
お団子のサイズも十五夜にちなんで、一寸五分の大きさ(およそ4.5cm)で作りましょう。

お団子の並べ方は、縦に3段になるように盛りつけます。
下の段から9個、4個、2個という形になります。

お団子は苦手だという方は、丸い形のどら焼きや饅頭などでも、お月見のお供えとすることができますよ。

秋に収穫するものをお供えする

中秋の名月の日は、イモ類などの秋の収穫に感謝する日とも言われていますので、お団子の他にイモ類や秋に収穫できる野菜や果物などもお供えするといいでしょう。

お供えしたものは早めに下げて、美味しくいただきましょう。
お供え物をいただくことで、神様との繋がりが強くなると言われています。

ススキを飾る

ススキは秋の七草の一つで、神様の依り代と言われています。

そしてススキの鋭い切り口は魔除けとしても用いられます。
地域によっては「中秋の後は飾ったススキを玄関先に吊るしておく」という風習もあります。

秋の七草やコスモスを飾る

中秋の名月の日は秋の収穫に感謝する日でもあります。
お供え物の周りを、秋の七草やコスモスで彩るのもいいでしょう。

秋の七草とは、

  • ハギ
  • ススキ
  • クズ
  • ナデシコ
  • オミナエシ
  • フジバカマ
  • アサガオ

これらの、日本を代表する7つの秋の草花です。

秋の七草を飾ることで、お月見の雰囲気をより一層楽しむことができるでしょう。

まとめ

中秋の名月と言えば、一番にお月見団子のことを思い出してしまいますが、秋に収穫できる穀物などに感謝する素敵な風習ということが分かりました。

例え満月でない年でも、秋の恵みに感謝しながら美しい月を存分に楽しみたいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事