当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

近年、日本列島は地震や台風、そして洪水など、自然災害の被害が相次いでいます。
普段は何かと忙しい方でも、防災の日にはあらためて非常時に対する備えを整えたいところです。

今回は、防災の日の由来と、防災の日にやっておくべき5つの事を解説いたします。
大事なことですので、ここで一緒に再確認しておきましょう。

スポンサーリンク

防災の日の由来

防災の日は毎年9月1日に制定されています。
そしてその防災の日を含む、8月30日から9月5日までが防災週間となります。

防災の日とは、台風や地震、また高潮や津波などの災害についての知識・認識を深め、災害に対する心構えを持つための準備の日と制定されています。

それでは、この防災の日の由来について解説していきます。

関東大震災

まず、日本での「防災の日」が制定されたのは昭和35年、1960年に内閣閣議により制定されました。

どうして9月1日が防災の日となったのかと言うと、大正12年(1923年)9月1日に発生した関東大震災に由来しています。

関東大震災では、10万人以上の死者・行方不明者を出した国内でも大規模の災害となりました。

二百十日の厄日

防災の日の由来として、関東大震災の発生日が由来とお伝えしましたが、この9月1日という日は、暦の上で「二百十日」にあたります。

この二百十日とは、台風シーズンの到来となる時期でもあり、昭和34年(1959年)9月26日に発生した伊勢湾台風では、戦後最大規模の被害を出しました。

このことからも、二百十日にあたる9月1日を防災の日とし、台風や風水害に対する防災意識を高めるよう制定されています。

3月11日にも制定の動き

現在、防災の日とは9月1日に制定されていますが、新しく3月11日に変更されるのではないかと言われています。

3月11日とは、みなさんも記憶に新しい「東日本大震災」が発生した日ですね。

若い世代では、残念ながら防災の日が9月1日であるという理由を知っている方は少ないかもしれません。
そこで、この未曽有の大震災となった東日本大震災の発生日を新しく災害の日とすることで、国民のみなさんの災害に対する意識の向上を狙う意味があるのですね。

スポンサーリンク

防災の日にやっておくべき5つの事

9月1日の防災の日に、ご家族とともにやっておくべき事、ならびに確認しておきたいことについて解説します。

避難場所の確認

現在お住まいの地域には、必ず災害時の避難場所が定められている事と思います。

公民館や小学校などが対象となるでしょう。

必ず家族と一緒に自宅から近い避難場所を確認し、もしもの時の待ち合わせ場所を確認しておきましょう。

部屋の家具などの確認

自宅に設置してある背の高い家具は、地震の際に倒れてきたり、中の物が外へ飛び出てこないかなどを確認しておきましょう。

ホームセンターなどでは、背の高い食器棚が地震の時にも倒れてこないようにするつっかえ棒のようなアイテムや、家具の滑り止めなどが販売されています。
一度ホームセンターなどに足を運んで、チェックしておいて下さい。

【楽天市場 養生大将】

災害バッグの確認

災害バッグを普段から準備しているご家庭も多いことと思います。
ただ、災害バッグに入っている非常食の賞味期限や、懐中電灯などの電池はまだ使えるかなどの確認はしていますでしょうか?

「いざという時に使えない」という事がないように、三ヵ月に一回、半年に一回などサイクルを決めて、中身を定期的に確認しておきましょう。

災害用伝言ダイヤル171の使い方を確認する

NTTでは、災害時に災害用伝言サービスを行っています。

この災害用伝言サービスとは、災害時には電話での連絡が取りづらくなることから、家族間で安否の確認ができるよう、伝言が残せるサービスです。使い方は以下のようになります。

参考文献「NTT災害用伝言ダイヤルの使い方」

避難経路の確認

自宅だけでなく、職場や学校、よく行く公共施設での災害時における避難経路の確認もしておきましょう。

地震の際にはエレベーターは使えませんので、エレベーターを使わず避難する経路も確認する必要があります。

まとめ

私たちの記憶に新しい東日本大震災では、津波による犠牲者が多く、震災後は高台の設置や避難場所の確認など、防災の動きが高まりましたよね。

この「防災の日」をきっかけに、さらに防災の意識を持ち、日ごろから災害に対しての備えを忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事