当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

突然ですが、お魚料理好きですか?

煮ても焼いても美味しいし、栄養もたっぷりのお魚。
でも、そのニオイに敬遠してしまっている人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方々のために、手、コンロ、お部屋を対象にした、魚によるニオイを消す方法をご紹介します。
これを読んで、臆さず魚料理にチャレンジして下さいね^^

スポンサーリンク

魚の臭いの原因

魚料理が苦手な人の中には、あの独特の生臭いにおいが嫌な人も多いのではないでしょうか。
魚を調理していると、手だけではなく体中に臭いがついてしまいますよね!

魚の生臭いにおいの原因は、トリメチルアミンという物質。
この物質は、魚が死んだ後に、その「うまみ成分」によって細菌が繁殖することで発生します。

そのため、生きている時は臭くありません。
鮮度が落ちるにつれて、どんどんにおいが強くなっていきます。

このアミン臭は人の肌となじみやすく、手のしわなど細かいところに入り込んでしまうんです。
そうすると、石鹸で洗っただけではなかなか臭いが落ちず、いつまでも残ってしまうんですね。

手に付いた魚の臭いを取る方法

石鹸でもなかなか落ちない魚の生臭いにおい。

そんなにおいを、身近な物を使って簡単に取る方法をご紹介しましょう。

ステンレスに触る

一番簡単で効果的なのがこの方法です!
「ステンレスせっけん」って知っていますか?

これはステンレスの固まりで、魚の臭いを取るための便利グッズです。
ステンレスに触れることで、臭いの原因が鉄イオンと反応して消えるんです。

環境にも優しく、臭いもしっかり取れるのでオススメです。
水道の蛇口はステンレスでできているので、その部分に触れてから手を洗うのも同様の効果がありますよ。

酢水で洗う

たいていのおうちにあるお酢。
お酢にはクエン酸が含まれているので、殺菌作用があります。

そのため、手についた細菌を分解してくれるんです。
お酢独特の「ツン」としたにおいがつかないように、水で2倍くらいに薄め、手を擦り洗いしましょう。

柑橘類の皮で洗う

レモンやミカンなどの柑橘類にも、お酢と同じようにクエン酸が含まれています。

また、柑橘類にはリモネンという消臭効果のある成分も含まれているので、ダブル効果でにおいを取ってくれます。

柑橘類のしぼり汁を手のひらにたらし、よく擦り込んで洗いましょう。

塩で洗う

塩を手につけて擦り洗いするのもオススメです。
塩には臭いの原因の細菌を分解する作用があるんです。

ただし手に傷がある場合はしみたり、かゆみの原因となったりするので、気を付つけましょうね。

重曹で洗う

掃除に大活躍する重曹には除菌・消臭作用があるので、魚の臭いを取るのにも効果があります。

重曹に水を足して手のひらを擦り洗いし、その後石鹸でよく洗いましょう。

ただし、肌の弱い人は、重曹の研磨作用で手を傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

グリルやコンロに付いた魚の臭いを取る方法

魚を焼いた後のグリルやコンロの臭いは、掃除をしてもなかなか取れませんね。

そんなしつこい臭いを取る、2つの方法をご紹介します。

重曹を使う

重曹には、油汚れなどの臭いを分解して消す作用があります。

重曹をグリルに薄くまんべんなくふりかけて、しばらく放置するだけで臭いがすっきりと取れますよ!

茶葉やコーヒーの出がらしを使う

茶葉やコーヒーの出がらしに脱臭効果があるのはご存知の通り!
魚の臭いにも有効です。

水気を切った茶葉やコーヒーの出がらしをグリルに薄く敷き、数分加熱して水分を飛ばします。
冷めたら取り出して捨てるだけで、臭いがなくなります。

これらの方法を試しても臭いが取れない時もあります。
そんな時は、グリルの庫内や扉の隙間に魚の脂や汚れがこびりついているので、しっかりと掃除をしましょう。
この時も重曹を使うと、汚れや臭いがしっかり取れますよ!

また、魚を焼く前にグリルの受け皿にはったお水に重曹を少し混ぜておくと、臭いや汚れがつくのを防いでくれます。
掃除の手間も減るので、ぜひ試してみてくださいね。

お部屋の魚の臭いを取る方法

それでは、お部屋全体に残る魚の臭いは、どのようにしたら取れるのでしょう。

来客のある時などは、臭いが残っているととても気になりますよね!

換気

調理中は換気扇を「強」でかけ、窓を開けて換気をします。

調理後もしっかり換気を続け、空気を入れ替えるようにしましょう。

とにかく「しっかり換気」が重要です!

拭き掃除

シンクやグリル、コンロだけではなく、壁や床まで拭き掃除をしましょう。
酢水を使うと殺菌作用があるので、より効果的ですよ。

お茶の葉を煎る

茶葉をフライパンなどに入れて、火にかけます。
水や油などは入れず、茶葉の色が変色しよい香りがするまで煎りましょう。

茶葉が部屋にこもった嫌な臭いを消してくれます。
この茶葉は、臭いの気になるところに置いて消臭に利用してもいいですし、ほうじ茶として飲んでもいいんです!

コーヒーの出がらしを炒めてもいいですよ。

重曹を使う

重曹を空の容器や小皿に入れて置いておくと、臭いを吸収してくれます。

濡れタオルを振り回す

水で濡らして、しっかり絞ったタオルを、臭いの気になる部屋で振り回します。

空気中の嫌な臭いの元が、濡れタオルに吸着してくれます。

振り回す時は、大事な飾りや置物などにぶつけないよう、気をつけてくださいね

まとめ

手だけではなくキッチンやグリル、部屋の中まで気になる魚の臭い。
あの独特の臭いがずっと残っていると、嫌な気分になりますよね。

でも、臭いの取り方がわかればもう大丈夫!

「頭がよくなる」「認知症予防になる」とも言われる魚は、豊富な栄養素の含まれた食材であることは確かです。
臭いを気にせず、たくさん食卓にあげたいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事