当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

夏の暑い日にプールで泳ぐのは、子供だけでなく大人になっても楽しいもの。
ただ子供の頃と違い、大人になると塩素によるダメージが心配になりますよね。

今回は、髪やお肌をプールの塩素から守る方法と、おすすめのケア用品をご紹介します。
しっかり守りを固めて、いくつになっても思いっきり夏を楽しんじゃってください!

スポンサーリンク

プールの塩素は髪や肌に悪影響?

たくさんの人が利用するプールには、必ず塩素が入っています。

これは、塩素の殺菌作用により、感染症の予防や水質維持を目的としています。
だから、一定の塩素濃度に保つことが条例で義務付けられているんです。

 

そんな大事な役割のある塩素ですが、髪や肌に悪い影響があるのも事実です。

  • 塩素のもつ漂白作用により髪の色素が落ちてしまう
  • 塩素でキューティクルが剥がれてしまうことによる髪の傷み

このような事がおこる可能性があります。

 

また、塩素は肌の保護機能を低下させてしまいます。

その結果、

  • 肌がヒリヒリする
  • かゆみが出る
  • 赤くなる

こういった症状がおこったりします。

髪の毛をプールの塩素から守る方法

それでは、塩素から髪の毛を守るにはどのような方法があるのでしょうか?
順に見ていきましょう。

髪の毛を濡らす

プールに入る前にシャワーで髪の毛をしっかり濡らすことで、髪に水分が含まれて塩素入りの水が入りにくくなります。

キャップを2重に被る

プール用のキャップにはメッシュタイプシリコンタイプの2つがあります。

塩素をしっかりガードしたいなら、両方使うのがオススメです。

まず、メッシュタイプのキャップに髪の毛をしっかりおさめ、上からシリコンタイプのキャップを被ってガードしましょう。

シャワーでしっかり洗髪

プールから上がったら、すぐにシャワーで髪の毛を洗いましょう。

その時に、普通のシャンプーよりもオススメなのがレモン水
塩素によってアルカリ性になっている髪の毛を、酸性のレモン水で中和することができます。

作り方は、水に適量のレモン汁を入れるだけなので簡単にできますよ!

塩素を流してくれる専用のシャンプーもありますので、使ってみるのもいいですね。

スポンサーリンク

お肌をプールの塩素から守る方法

髪の毛の次は、お肌を守る方法です。

ぬるめのお湯シャワーを長めに浴びる

プールから上がった後に気をつけたいことは、タオルでゴシゴシ強くふいたり、洗顔料やボディソープを使って洗うこと。

プールの水につかっていた肌は、とても傷つきやすい状態です。
ぬるめのお湯シャワーを、長めに浴びるだけにしましょうね。

乾燥する前に保湿する

シャワーが済んだら、タオルで水気を拭いてすぐに保湿をしましょう。
放っておくと、どんどん乾燥してしまいます。

保湿の時にオススメなのが、セラミドが含まれた保湿クリーム。
セラミドは角質細胞をつなぐ大事な成分です。
肌の乾燥を防ぐには、セラミドを補充することで、肌の保護機能を戻してあげることが大切です。

塩素から守るおすすめケアグッズ

塩素から髪の毛や肌を守る、おすすめのケアグッズを紹介します。

ウエラ プロフェッショナルケア サンシャンプー 250ml

【楽天市場 ビバコスメ】

プールの塩素を洗い流し、髪の毛を素の状態に戻してあげるシャンプーです。

天然の植物由来のベタイン系両性界面活性剤が配合された、刺激の少ないノンシリコンシャンプーで、頭皮を優しく洗いあげます。

髪だけではなく、肌も洗うことができます。

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

【ベイドラッグ 楽天市場店】

セラミド配合の医薬部外品フェイスクリームです。
少量でも伸びがよく、スーッと肌になじみます。

ベタつかないのにしっかり内部に浸透してくれますよ!
無香料・無着色・アルコールフリーです。

まとめ

プールに入った後は、髪の毛もお肌も傷ついた状態。
温かいシャワーを長めに浴びて、優しく塩素を流してあげましょう。

レモン水はアルカリ性になった髪の毛を中和させるのに有効です。
そしてそれ以外にも、お肌の塩素のにおいを取り除く効果もありますので、プールに行く時にはぜひ持って行きたいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事