当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

使い終わった食用油の廃棄は、お宅ではどうなさっていますか?
面倒でも、ここはキチンと処理しなければいけませんよね。

ここでは、食用油の簡単な捨て方をいくつかご紹介いたします。
もしご存知ない方法があれば、一度試されてみるのも良いかもしれませんよ^^

スポンサーリンク

食用油の捨て方【使用済みの場合】

それでは早速、食用油の捨て方を解説していきましょう。
まずは、使用済みの油の場合からです。

牛乳パックを利用する

牛乳パックなどの紙パックに、新聞紙や使用済みの紙タオルなどを詰め、冷ました使用済み食用油を流し込みます。
作業は必ず、油が充分に冷めてから行ってください。

また、油を流し込んだ後には、少量の水もしみこませておきます。
これは、廃用油がビニール袋の中などの高温下で、自然発火するのを防ぐため。

最後に紙パックの口を粘着テープでしっかり閉じて、可燃ごみに出しましょう。
牛乳パックや古新聞など、捨ててしまうものを利用することで費用の掛からない方法です。

ポリ袋を利用する

同じく費用の抑えられる方法が、ポリ袋を使った食用油の捨て方。
ポリ袋やレジ袋に新聞紙などを入れ、冷ました油を流し込みます。

この場合も油は充分に冷やしてから行い、自然発火防止のために水少量を含ませておきましょう。
輪ゴムなどで口をしっかり縛って可燃ごみに出します。

この際、袋を二重にしておくと油の漏れを防げます。
また、事前に使用するポリ袋に穴や破れがないか確認しておくことも大切です。

市販品を利用する

使用済みの食用油の処理に特化した市販品も、多く発売されています。

市販品は少額ではありますが費用がかかります。
しかし事前に古新聞などを用意する手間が省けるため、手軽で時短にもつながるメリットがあります。

固めるタイプの処理剤

使用済みの食用油が温かいうちに、溶かして使用します。

油が冷めるにしたがって固まるため、完全に固まってからフライ返しなどで鍋から剥がし、ポリ袋に入れて可燃ごみに出しましょう。

【楽天市場 ケンコーコム

専用パックにしみこませるタイプ

大きなお茶パックのような見た目をしています。

冷ました使用済み食用油の中に投入し、油をしみこませます。
充分に油を吸ったパックをポリ袋に入れて可燃ごみに出します。

【楽天市場 ケンコーコム】

食用油の捨て方【未使用の場合】

次に、未使用の食用油の捨て方は、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。
順に見ていきましょう。

食用油の賞味期限とは

食用油の賞味期限は、大抵の場合長く設定されています。
それは、食用油が油の保存に適したパッケージで販売されているからです。

未開封であれば油の酸化や、光による変質が抑えられるので、賞味期限より長く品質を保つことも少なくありません。
もちろんメーカーには推奨されませんが、油の傷みがないようであれば、少々の賞味期限切れはそのまま使ってしまう方もいるようです。

では、悪くなって使用に耐えない油はどのように見分ければいいのでしょうか。

悪くなった油は、茶色く濁った色をしています。
また、粘りが出て、揚げ物に使った場合は灰汁に似た泡が多く出ます。

揚げ物に使われる180℃くらいの温度でも煙がでやすいのも特徴。
匂いが強いものや、刺激臭がするものも避けましょう。

特に開封済みの食用油を、長く放置してしまった場合には、賞味期限の範囲内でも注意した方がいいようです。

廃食用油の回収を利用する

食用油は未使用であっても、使用済みの食用油と同じような手順を踏めば、可燃ごみとして捨てることができます。
しかし、廃棄する油の量が多ければ大変な手間を取られることになるでしょう。

もし賞味期限切れの食用油が多く残っているなら、自治体やスーパーなどで行われている、廃用油の回収に持っていくことをお勧めします。

回収方法は各自治体や回収業者によって違いますので、確認してから出しましょう。
洗ってよく乾かしたペットボトルやサラダ油の容器に、廃用油を入れて回収しているところが多いようです。

また使用済みの食用油であっても、油を漉して揚げ物のカスなどを取り除けば、回収してもらうことができます。

スポンサーリンク

食用油をそのまま排水溝に流すリスク

まさか、このような事をしている方はいないとは思いますが、食用油を排水口に流した場合の危険性を再認識してみたいと思います。
「少しだから平気」といった油断が、大きなリスクとなるのです。

環境破壊

排水口に流された食用油は、水質の悪化や環境破壊を招きます。
また、魚などの生物にも悪影響。

水の表面で油の酸化が進み、悪臭を放つこともあります。
自然界では油が河川に流れ込むことはまずあり得ないので当たり前ですよね。

マヨネーズ1口分の油脂であっても、生物が住める水に戻すには4000ℓもの水で薄めなければならないそうです。

下水処理施設の機能低下

下水処理施設が整備されていたとしても、食用油を排水口に流してはいけません。
流した油が蓄積して下水処理施設のパイプに詰まり、その水質浄化機能を低下させます。

そうでなくても水に混ざった油の浄化には、莫大な手間と時間がかかります。
それらを何でまかなっているかといえば、私たちの払っている税金なのです。
税金の無駄をなくすためにも、食用油は適切に廃棄しましょう。

配水管が詰まる

もっと身近な問題に繋がることもあります。

油は金属にくっつきやすく、また油同士もくっつく性質があります。
そうしてくっついた油が、冷え固まって配水管を詰まらせるのです。

詰まった配水管は、自費で直さなくてはなりません。
食用油の処理を怠ったばかりに、出費が増えるなんて泣くに泣けませんよね。

まとめ

食用油を適切に捨てることが、環境を守ることに繋がることはご存知だったかもしれません。
でも、税金の無駄をなくすことに繋がると想像できた方は、どれだけいらっしゃるでしょうか。

この記事で、比較的簡単に食用油を処理できる方法をまとめたつもりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事