当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

あなたは片付け上手ですか?
もしそうであれば、この記事はお役に立つことはありません。しかし・・・

  • いつの間にか部屋が散らかってしまう
  • なんとなく部屋を片付ける気にならない
  • とにかく片付けが苦手だ!

キレイな部屋にしたいのに、このような症状でお悩みの方には何らかのヒントがあるはず。

今回は、部屋を片付けられない5つの心理と3つの克服法、それに汚い部屋の怖いリスクまでご紹介します。
これを読んで、今日から片付け上手に大変身しちゃってくださいね!

スポンサーリンク

部屋が片付けられない心理

まずは、部屋が片付けられない心理を5つご紹介していきましょう。

「そういえば」と、いくつか心当たりがあるかもしれませんね。

勿体ない精神

ものを捨てられず、片付けができない人に多い心理です。

「いつか使えるかもしれない」
「高かったから」
など、捨てられない理由は様々。

しかし今使っていないものには、使わないなりの理由があるはずです。
今の自分の生活に合わないものであれば、思い切って捨ててしまったほうがすっきりと生活できます。

所有欲

置き場所を考えずにものを買ってしまい、部屋が片付かない人の心理です。

ものを所有することで、心の奥底の満たされない気持ちを埋めようとしています。
買い込んでしまうものは洋服やバッグなどのブランドものや、日常的な食品の場合もあります。

趣味のコレクションなどは、保管スペースを決め、そこに収まる量だけに厳選するといいでしょう。

過労などのストレス

過労やストレス、不眠などが理由で、必要なものとそうでないものを区別できなくなることもあります。

単なる疲労によって片付けができないこともあると思いますが、そこに病的なストレスや過労が潜んでいないか気を付けておきましょう。

特に、今までそのような傾向がなかったにも関わらず、急激に部屋が散らかっていった場合には注意が必要です。

部屋が散らかっている自覚がない

散らかった部屋でも、自分にとっては使いやすい!と思っている人もいます。

散らかった部屋にはデメリットもありますから、時には来客を受け入れるなどして、客観的な意見にも耳を傾けてみましょう。

大人の発達障害

自覚のないまま大人になってしまうことの多い軽度の発達障害が、片付けられない理由に潜んでいる場合もあります。

特に片付けられない理由になりやすいのがADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害。
ADHDの人は衝動的に行動しやすく、しなければならないことを後回しにしがちな特性があるため、片付けが苦手なことが多いようです。

自分の特性をよく理解し、うまく付き合う方法を見付けましょう。
一度片付けに取り掛かれば、熱中して作業できるのも特徴なので、「まずはやってみる!」というのがADHDの人には向いているようです。

部屋が散らかることのデメリット

やはり部屋が散らかっているというのは、何かと不都合も出てくるものです。

ここでは、そのデメリットを5つ紹介していきましょう。

健康を害する

散らかった部屋は掃除がし辛く、ハウスダストやダニ、カビなどの温床になりやすいものです。
それらは喘息やアレルギーの原因となりますので一刻も早く取り除くべきでしょう。

また、食品を放置するなどして、食中毒を起こすことのないようにしましょう。

火災の原因となる

散らかった部屋が火災の原因になることもあります。

特に気を付けたいのが電気火災。
電気火災は、コンセントに積もったホコリが原因で起こる火災です。

たこ足配線になっていると、コンセント周りが高温になりやすく更に火災のリスクは高まります。
コンセントや配線の周囲は整理し、こまめに掃除しておきたいものです。

災害時の避難の妨げになる

実際に火災や地震が起こった時の、非難の妨げになる可能性もあります。

通路を塞ぐほどものの多い部屋や、足の踏み場もない部屋は片付けておいたほうが安全です。

倒れると危険なため、物を高く積み上げるのも避けましょう。

無駄な出費が増える

部屋が散らかっていると紛失物が増えます。
無くしてしまったものを探すのも一苦労というほど散らかった部屋では、無くしたものを都度買い足すことが習慣になってしまう場合もあるようです。

一つ一つは少額であっても、無駄は無駄。
無駄な出費が積もり積もって、結構な額になっているかもしれません。

スポンサーリンク

片付けられる人になるためのステップ

それでは、どうすれば「片付けられる人」に変身できるのでしょうか。

最後にそのステップとして、3段階に分けた方法をご紹介していきましょう!

1、決意

まず「部屋を片付いた状態にする」という決意をしましょう。

片付いた部屋をイメージし、今の状態と理想の部屋では、どこが違うかを具体的に意識します。
具体的にイメージすればするほど、それを現実にしようという意思が芽生えます。

2、取捨選択

必要なものと要らないものを分け、要らないものは分別して捨てます。

迷ったものは3か月以内に使うかどうかを判断の基準にするといいでしょう。

思い出の品は、ほどほどであれば残してOK。
捨ててしまうことでモチベーションが下がってしまうほど大事なものであれば、思い切って残して収納場所を確保したほうが片付けにも前向きに取り掛かれます。

3、全体を見ながら片付ける

片付けを始めると一か所に集中してしまい、その他の場所はかえって散らかってしまったという経験がある方もいるでしょう。

片付けの合間で背筋を伸ばし、部屋全体を見るようにするとこのような失敗が防げます。
部屋全体をまんべんなく片付けながら、最初に思い描いた片付いた部屋に近づけていきましょう。

一か所を重点的に片付けたい場合は、熱中しすぎないように時間を決めてとりかかると効率的です。

まとめ

片付けられない心理に当てはまるものはありましたか?

気持ちの整理もつけながら、散らかった部屋とはサヨナラしたいものですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事