当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

お子様の入学式を目前に控えたお母さまがた、当日の準備は整っていますか?
父親と比べて周囲から視線を集めがちな母親の服装は、やはりけっこう気を使うもの。

ここでは、入学式の母親の服装での注意点を5つ解説しています。
おススメのコーデもご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

入学式の母親の服装で注意するべき5つのこと

入学式の母親の服装で注意するべき点は以下の5つです。
ここで順にご紹介していきましょう。

1あまりカラフルな色合いの服装にしない

小学校によっては服装が自由なところもありますが、多くは子供が制服を着ている場合が多いと思います。
子供たちがお揃いの制服を着ている中、母親がカラフルな色合いの服装をしていると目立ってしまって、子供が主役という立場がなくなってしまいますよね。

なので、子供がお揃いの制服を着ているように、母親のほうもオフホワイトかブラック系の色でなるべく統一しましょう。
コサージュやアクセサリーをつける場合も同じです。

2小学校によっては服装の慣習がある

大体の小学校では、ある程度のマナーを守れば母親の服装は自由なことが多いです。
しかし中には、地域によって暗黙の了解的な慣習で「黒のスーツだけ」と決まっているところもあります。

とくに意味がなく、守らなくてもいいようなルールですが、知らないまま入学式に参加して恥をかかないために、一応事前に調べておいたほうがいいでしょう。

3黒のストッキングをはかない

服装の色合いはオフホワイトかブラック系ですが、黒いストッキングは避けましょう。
ブラック系の服装だととくに喪服っぽく見えてしまい、お子さんの晴れやかな日にはあまり相応しいとは言えません。

4ドレスはフォーマルなものにする

もしドレスを着用する場合には、あまり華やかすぎるものは避けましょう。
フォーマルなデザインを基調として、生地の素材はツイードやシフォンなどの上品なものを選びましょう。

「どんなデザインがいいのか分からない!」という人は、パンツドレスにすれば無難に格好がつくでしょう。

5美容院で髪型を決めて高級ブランドを着ると逆効果

着物を着用する場合には、美容院でしっかり髪型を決める必要はあるでしょう。
しかしスーツ姿の場合には、高級ブランドを身につけて髪型も必要以上に気合を入れすぎると、周りから浮いてしまいます。

後から変なウワサを立てられないように、コサージュやアクセサリーですこし華やかにしている程度に無難にコーデをまとめるのが吉です。

入学式の母親におすすめのコーデ

ここからは、入学式の母親の服装に相応しいおススメのコーデをご紹介していきましょう。

スーツ:洗えるノーカラーワンピース2点スーツ

フォーマルでも、ひそかに華やかにしたいという人にはおすすめです。
ドレスがレースになっていますが、遠目からは目立ちにくくフォーマルに見えるので安心です。

光沢のあるジャケットを羽織ればより上品に見えて、やや地味ながら結婚式にもOK。
洗えるとあって、着回しをするのに重宝しそうです。

パンプス:アンクルベルト取り外し可能パンプス

パンツドレスでなければ晒すことになる足には、中々ポイントを置くことができませんよね。
このパンプスは、ポイントとして足首に巻くアンクルベルトがあり、遠目には分からないちょっとしたデザインが施されています。

アンクルベルトは取り外し可能です。
デザインだけでなく、低反発クッションが敷いてあったり、ソール裏が滑りにくくなっていたり、履きやすく歩きやすいものになっています。

バッグ:合皮縦長ショルダーバッグ

手で持っているのがだるい、あまり仰々しものを持ちたくないという人には、このショルダーバックがおすすめ。
フォーマルなスーツに合うデザインながら、ややカジュアルなので普段でも使うことができます。

小さく見えて、
大きめの財布やスマホ
ハンディビデオカメラ
携帯スリッパやポーチ
ハンカチ
など、ひと通り持ち物を入れることができます。

アクセサリー:大粒7連パールリボンラインストーンブローチ

イヤリングやネックレスもいいですが、どうしても服装がのっぺりした感じになるので、ブローチをつけるとちょっとしたアクセントになるでしょう。

このブローチは、フォーマルなスーツやドレスに合う大きなパールを並べつつ、リボンのついた可愛らしいデザインが特徴です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
可愛いお子様の晴れの日と思うと、ついつい母親としても気合が入りすぎがちになります。

しかし、あくまでも主役はお子様ということを忘れずに、主張しすぎないセンスあるコーデを目指して下さいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事