当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

お子様の入学式を間近に控えているお父さん。
当日に着ていく服装に悩んでいたりしませんか?

そんなあなたに今回の記事はお役に立てるかもしれません。
それでは、入学式の服装で父親が注意するポイントと、おすすめのコーデをご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

入学式の服装で父親が気をつけたいポイント

小学校や中学校の入学式、お父さんは一体どんなことに気をつけたら良いんでしょうか?
早速4つのポイントを見ていきましょう!

1お父さんの服装はスーツが基本

入学式に参列する際の服装は、基本的にはスーツです。

デニムにTシャツのようなカジュアルなファッションだと周りの父兄から浮いてしまいますし、お子さんも恥ずかしい思いをしてしまいます!

入学式は学校の公式行事ですので、それに見合う服装を選びましょう。

2子どもよりも格下の服装

入学式の主役は、もちろんお子さんですよね。
ですので、お子さん以上に張り切った服装にならないように気をつけましょう。

入学式の子どもの服装は、フォーマルなケースが多いです。
ですので、お父さんは準フォーマル・略式の礼装で行きましょう。

3夫婦でのコーディネートを考える

入学式にご夫婦で出席される場合、夫婦で服装の釣り合いが取れるようなコーディネートをしましょう。
お母さんは着物でキメているのに、お父さんはカジュアル…となると、なんだかバランスがおかしく見えます。

ご夫婦で服装の格式を揃えて、お父さんはお母さんの服装を少し引き立てる位がバランスが取れて見えますよ。

4黒や白のネクタイは避ける

黒いネクタイはお葬式など忌事の印象が強いので、入学式にしていくのはお勧めできません。
また白いネクタイに関しては、先生方や来賓の方がされていることが多く、暗黙のルール的に父兄はしないものとされています。

入学式にしていくネクタイは、普段使っているようなもので問題はありません。
もちろん、あまり色合いや柄が派手なものは避けたほうが良いでしょう。

入学式の父親の服装でお勧めのアイテム

さて、ここからは具体的に入学式のお父さんにオススメな服装を、アイテム別にご紹介します!

スーツ:FICCE BY DON KONISHI スリムスーツ

みなさんご存知のドン小西プロデュースのスーツです。

スリム過ぎない程よいシルエットのスリムスーツで、腕の上げ下げがしやすいように機能性にもこだわっています。

バリエーションはシックで着まわしのきく黒シャドーストライプと黒ドビー織りの2種類で、入学式以外でもビジネスでも使えるスーツです。

シャツ:ワイドスプレッド長袖ワイシャツ

入学式にオススメなワイシャツは、白です。
どんなスーツ・ネクタイにも合わせやすく、コーディネートに自信がないお父さんでも着やすいカラーです。

こちらのワイシャツは襟の開きが大きめなワイドスプレッド型で、ネクタイが決まりますよ♪

ネクタイ:富士桜工房 桜吹雪柄シルクジャカードネクタイ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士桜工房 水色 桜吹雪 日本製シルクジャカードの和風 ネクタイ
価格:5400円(税込、送料無料) (2019/3/27時点)

入学式に締めていくネクタイは、季節を意識した桜柄なんていうのはどうでしょうか?

日本製のシルクを使用したこちらのネクタイは淡い水色に桜の花が散りばめられていて、上品な印象です。

靴:MM/ONE エムエムワン ビジネスシューズ メンズ

こちらの商品は、4,000円弱とは思えないハイクオリティのビジネスシューズです。

流行を追わないベーシックな型で、カラーバリエーションは合わせやすいブラックとブラウンの2種類です。

小物:肥後象嵌の桜モチーフのネクタイピン

入学式の服装小物に、桜モチーフのネクタイピンをスパイスとして取り入れてみるのはいかかですか?

こちらは熊本の伝統工芸「肥後象嵌」で作られたネクタイピンで、さりげなくスーツ姿をよりオシャレに見せることができます。

黒ベースに描かれた純金の桜は、高級感が漂っていますね!

スポンサーリンク

まとめ

入学式の主役はお子さんですので、お父さん・お母さんはまずお子さんを引き立てるような服装で参列しましょう。

あまりに派手な服装はNGですが、ちょっとした所におしゃれを取り込んで「素敵なお父さん」という印象を狙ってみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事