当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

毎年5月には子供の日がやってきます!
でも、その由来や意味をご存知でしょうか?

今回は、こいのぼりや兜を飾る意味など、そのルーツを徹底調査してみました!

スポンサーリンク

 子供の日の由来

「5月5日はこどもの日」と正式に決められたのは1948年。
「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福を祈るとともに、母に感謝する日」として休日に定められました。

もともと中国から入ってきた行事であり、こどもの日に定められる前は「端午の節句」と呼ばれ、男の子の成長を祝う日とされていました。

中国における端午の節句では、病気や災いを避けるために行われていました。
その際に使用していたのは「菖蒲(しょうぶ)」という花です。
菖蒲には、昔から健康を保ち、邪気を払う力があると言われているため、使用されていたようです。

この菖蒲と武尚(道や軍事を大切にする気持ち)が同じ読み方であり、菖蒲の形が剣に似ているということから、男の子の行事になっていきました。

男の子の行事になりつつあったこどもの日も、定められてからは男女関係なく「子どもの成長をお祝いする日」として定着したのです。

 端午の節句とは?

端午の節句とは、中国から入ってきた呼び名です。
中国では「こどもの日」を「端午の節句(たんごのせっく)」と呼んでおり、中国の四大伝統祭日のひとつにもなっています。

「端午」と呼び始めた理由も、もちろんあります。
昔は、5月を「午の月(うまのつき)」と呼んでいました。
そのことから「午(ご)」と「5(ご)」をかけています。
また、「端(たん)」には「はじめ」という意味があり、午の月のはじめに行うということから「端午の節句」と名付けられました。

中国は端午の節句を旧暦で祝うため、正確な日にちは決まっておらず年ごとに異なります。

スポンサーリンク

 子供の日になぜこいのぼりを飾るの?

鯉はあらゆる環境で生きることができ、流れの速い川でも元気に泳ぐ生命力の強い魚です。
こいのぼりは、「子供には鯉のように元気にたくましく成長して欲しい」という願いを込めて飾られます。

また、吹き流しには魔除けの意味があり、子供を魔の手から守る願いが込められています。

いつから飾られるようになったのか?

日本では江戸時代に武家に男の子が生まれると、家紋の入ったのぼりを立てる習慣がありました。
一方で、だんだんと経済力や力をつけてきた町人が武家に対抗して「立派に成長するように」と鯉のぼりを立てるようになりました。

昔の日本では、鯉のぼりを立てることで武家への対抗心の意味もあったようです。

中国でも鯉のぼりはあるのか?

こどもの日は中国から入ってきた文化と、先ほどご紹介しました。
ですので、もちろん中国でも鯉のぼりを立てる習慣はあります。

中国では鯉は生命力の象徴ということから、
「竜門の滝と言われる流れが激しい滝を鯉が登り、登りきった鯉が竜となって天に登った」
という故事もあります。

 子供の日になぜ兜や五月人形を飾るの?

鎧や兜は、敵から身を守るために使用するものです。
そのため、「病気や怪我、災いから身を守る」という意味のお守りとして飾ります。

また、一年を無事に過ごし成長したことに感謝して飾るものともされています。

飾り始める時期については、早くから飾っていても問題はないとされています。
そして、遅くても1週間前までには飾るように準備しましょう。

 子供の日になぜちまきを食べるの?

端午の節句が中国から伝わってきた際に、お供え物として一緒に伝わってきたのが「ちまき」です。
もち米を巻く「茅の葉(ちがやのは)」は、邪気を払う植物だと考えられていました。

端午の節句に川へ身投げをした偉い人を供養するために「ちまき」を川へ流したことが、端午の節句とちまきが関係するようになった由来とされています。

日本に伝わってからは簡略化され、最近では茅の葉だけでなく笹なども使用されるようになっていきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
季節ごとのならわしは、そのルーツを理解すると何気なく行ってきたことにも趣きが出てきます。

今年の子供の日は、それぞれの意味をお子さんにも分かりやすく伝えてあげて、親子そろって楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事