子どもが初めてかかる、高熱の原因の多くは突発性発疹です。

特に、6ヶ月から1歳時に発症します。

発症してから、医師から始めて病気の名前を聞いたという方もいらっしゃるでしょう。

突発性発疹は、免疫ができれば一般的には発症しません。

しかし、1度だけでなく2度発症することがあります。

そこで今回は、発症したことのない子どものいる方は特に知っておくべき、突発性発疹の潜伏期間や感染性についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

突発性発疹とはこんな病気

突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウィルス6型、7型といわれるウィルスの感染です。

感染源であるヒトヘルペスウィルスは大人の体内にあり、大人の唾液による経口感染が主な感染経路といわれています。

生後まもなくは、母親から受け継いだ免疫があるために発症しにくくなっています。

その免疫が失われる6ヶ月以降に発症しやすくなります。

2回発症する理由は、ヒトヘルペスウィルスの6型、7型の2つの種類があるからです。

 

523575

 

発症するとまず初めにみられる症状が、38度から40度の発熱です。

それが3日から4日ほど続き、解熱し始めると同時に体にピンク色の発疹がみられます。

発疹は、背中や腹部など体幹に目立つことがありますが、体中に発疹がみられる時もあります。

かゆみや痛みはほどんどありません。

発疹自体は、2日から3日で跡が残ることなく自然に消失していきます。

 

このように症状は主に2つです。

つまり発熱と発疹です。

双方ともに、服薬など特別な治療がなくても自然に治っていきます。

そのため自然な回復を促すためにも、できるだけ安静にして体力の消耗を防ぎましょう。

 

心配な点は発熱による身体的負担です。

発熱が続くと、体力が消耗して体内の水分消費量も多くなり、下痢になりやすくなります。

そのため脱水のリスクがあるのです。

 

558847

 

また発熱により、熱性けいれんの恐れもあります。

そこで発熱が見られる時は、体力消耗を防ぐためにも入浴は控え、水分補給をこまめに補給し、下痢や脱水症状がないか体全体を観察することをお勧めします。

 

 

潜伏期間はどのくらい?そのとき人に感染するの?

では次に、突発性発疹の潜伏期間についてです。

既にお話したとおり、突発性発疹の原因はヒトヘルペスウィルスです。

突発性発疹の潜伏期間とは、ヒトヘルペスウィルスに感染し、症状がみられるまでの期間ということになります。

 

突発性発疹の潜伏期間は5日から15日といわれています。

この潜伏期間を経て、発熱の症状が出てくることが多いです。

 

感染性については、発熱している期間が最も感染性が高いです。

解熱すれば体内のウィルスが弱まり感染しにくくなりますが、発熱している間は感染性が高いために感染予防が必要です。

特に、突発性発疹に感染したことがない子どもや大人は注意しましょう。

唾液にはウィルスが含まれるため、発熱している子どもの唾液や、唾液の付着した物に触れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

保育園はいつから行ける?

499357

 

感染症については、厚生労働省から治療や登校について「保育所における感染症対策ガイドライン」が出されています。

突発性発疹もその感染症の1つです。

そのガイドラインによると、突発性発疹の登園の目安は「解熱し機嫌が良く全身状態が良いこと」とされています。

そのため、解熱後にみらえる発疹がもし残っていたとしても、機嫌が良く全身状態が良ければ登園してもよいのです。

 

登園には突発性発疹の感染拡大を予防することも大事ですが、発症し回復を辿っている子どもが、再び元気に保育園での生活に戻れるかどうかも大事な基準です。

おうちでは元気だった頃の様子との比較など、身近だから分かることもあるはずです。

自宅では安静に過ごしていたため、保育園で過ごすことは以前よりも疲労を生じさせることもあるでしょう。

無事に保育園で元気に過ごせるようになるためにも、自宅で心身の回復を確認しましょう。

まとめ

以上のように突発性発疹の症状は発熱と発疹です。

高熱は大人でさえも体力を消耗させ動けない人もいるくらいですから、子どもでしたらなおさら身体的な負担は大きいです。

ですので突発性発疹の症状がみられたら、子どもができるだけ安静に過ごせるよう工夫してみましょう。

もし発熱や発疹以外に他の症状がみられる場合は、かかりつけ医に相談してみましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事