当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

腰痛には様々なパターンがありますが、腰の左側が痛むという場合は注意が必要です。あなた体のあちらこちらから発信される異常サインかもしれませんよ。

腰の左側が痛む要因は色々考えられます。中には長年の生活習慣から来る負担が痛みとして表れることもありますし、また中には放っておいたら危ない内的疾患の可能性もあります。

今回は左側に腰痛を引きおこす要因についての例を紹介しますので、痛みにお悩みの方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

左腰が痛くなる一般的な要因

Printいつも痛むのは腰の左側ばかり。そんな時にまず疑われるのが「姿勢の悪さ」です。

 

普段動作をする時に、いつも左側に重心がかかっていませんか?

 

いつも決まった方向にもたれてしまう、足を組むときに同じ方向ばかり、バッグをいつも同じ側で担いでいる、といった日常的な行動から知らず知らずのうちに左腰への負担がかかっているのかもしれませんよ。

 

姿勢が左側に偏ると、背骨や骨盤が歪む原因となります。

また重心がへだたることで、左側の筋肉ばかりが疲労し血流が滞ることにもつがります。

筋肉が慢性的に疲弊し、伸縮が悪くなることで痛みが発生してしまうのです。

 

こういった姿勢の悪さから来る重心の歪みは、悪化すると腰骨を支える椎間板を圧迫し「椎間板ヘルニア」などの疾患を引き起こしかねません。

なので普段から片側に重心が偏っていないかを意識すると同時に、疲弊した筋肉をほぐすようなストレッチを習慣づけましょう。

 

また、冷え・運動不足・睡眠不足なども体の歪みに繋がるので、生活習慣を見直してみることも大切です。

内臓の疾患が考えられるケース

「じっとしていても痛む」「寝ている時も左側が痛い」「決まった場所が痛い」という場合は気を付けなくてはいけません。

その痛みは体の内部疾患のサインかもしれないからです。

 

これには内臓が弱っている、炎症がある、骨の異常があるといったケースが考えられます。

 

もしそうなら整形外科や接骨院で腰痛の治療をしても治せません。

重大な病気が見つかることがあるので、内科や総合病院での診断を仰ぎましょう。

ここでは左腰に痛みが出る時の、代表的な内臓の疾患を見てみましょう。

 

尿路結石

腰や背中の左側にのたうち回るほどの激しい痛みが出ます。

同時に吐き気・発熱・血尿などの症状があります。即病院での治療が必要です。

 

腎臓の疾患(腎臓病・腎炎・腎盂炎)

244496腎臓の異常は体の左側への痛みとして表れやすいとされています。

腎臓は体内の毒素を尿として排出してくれる重要な臓器。すぐに治療しないと命に係わる場合もあります。

尿の濁り・発熱・吐き気・むくみといった症状が出ます。

 

すい臓の疾患(膵炎・急性膵炎)

177536アルコールをよく飲むという方はすい臓を酷使しているかもしれません。

みぞおちから背中にかけて痛みが走り、その際左側の腰にも痛みが出ます。

前かがみ姿勢になると痛みが和らぐので、腰痛と勘違いすることもあります。

 

胃腸の疾患(胃腸炎・胃潰瘍)

419526胃の入り口が左側にあるため、胃に異常が出ると左腰に近い部分が痛む場合があります。

 

単に腸の動きが滞り、ガスが溜まっていたり便秘気味だったりする時にも左腹部に腰痛の様な痛みを感じます。

 

上に挙げた内臓疾患以外にも、「骨粗鬆症で骨が折れていた」「子宮の疾患」などの様々な要因が考えられます。

 

中には「実はがんだった!」なんてこともありえるので、痛みが気になる時は早めにお医者さんへとかかりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

左側の腰が痛いという症状には本当に色々な原因が隠れていることが分かりました。

大切なのはただの腰痛だと甘く見ないで、体からのサインをきちんと受け取ってあげることです。

姿勢の悪さも内臓の疾患も、毎日の生活習慣が関係しています。

痛みをきっかけに健康づくりに繋がるような生活への見直しを図れるといいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事