当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

届きそうで届かない、なんとももどかしい背中の痒み。触ってみるとブツブツができている!

そんなイライラする背中のブツブツはどうしてできてしまうのでしょうか?

今回は背中のブツブツが痒い時の原因5つと、それぞれの対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

背中ニキビ

470184背中にできる痒いブツブツ、まず考えられるのは背中ニキビです。

顔のニキビは皆さん気にするでしょうが、自分の目では見ることのできない背中にも実はニキビができるんです。

ただし背中ニキビは、顔のニキビの原因であるアクネ菌ではなく、カビの一種であるマラセチア菌によって引き起こされるニキビです。

 

背中は顔と同じぐらい皮脂の分泌量が多く、また洗い流し切れていないシャンプーなどが皮膚に汚れとして残りやすいためマラセチアが増殖してしまうのです。

 

背中ニキビの対策は

背中ニキビの対策方法は、背中を清潔に保つということに限ります。

シャワーを浴びることが多い方は、浴槽にゆっくりつかるようにするだけでもニキビを予防できます。

また、頭を洗ってから体を洗うというように、洗う順番を気にするだけでも効果はあります。

下着の締め付けもよくないので、肌にぴったりとフィットし苦しいような下着はやめましょう。

 

毛孔性苔癬

毛孔性苔癬も背中ニキビと似ているブツブツですが、一か所に集中してできるという特徴があります。

こちらも皮膚の汚れを原因として発症し、健康上特に問題が起きることはありません。

ただ、見た目があまり良くないため、背中を露出する機会が多いまたは背中より少し上の首周りにできてしまった場合には病院で治療してもらうことも可能です。

 

痛みなどの症状が出ることはあまりありませんが、古い角質がうまく剥がれ落ちずに残っている状態なので、そのままにしておくと痒くなったりブツブツの範囲が広くなってしまうといった恐れもあります。

 

毛孔性苔癬の対策は

毛孔性苔癬も背中ニキビと同じく清潔に保つことが大切です。

できてしまった毛孔性苔癬を治療するためには、皮膚科でケミカルピーリングやレーザー治療によって取り除くことが可能です。

 

スポンサーリンク

あせも

453409夏場であれば、あせもも背中のかゆみの原因となります。

あせもは身近すぎて軽視しがちですが、皮膚にいる黄色ブドウ球菌が汗を餌として増殖することで起こる炎症です。

寝ている間にかいた汗を流さずに一日過ごしてしまう、運動した後に汗を流さずにそのまま寝てしまうなどといったことが原因に挙げられます。

 

あせもの対策方法は

一度あせもができてしまうと、掻いた傷口からどんどん炎症が広がっていってしまいます。

かゆみが強い場合には我慢せずに皮膚科を受診し、薬を処方してもらいましょう。

あせもの場合も清潔にしていればできないものなので、夏場は一日2回シャワーを浴びるなどの対策で簡単に予防できます。

 

ダニ刺され

194883就寝時に、布団にいたダニに刺されることでもかゆみを伴ったブツブツがあらわれます。

ダニは布団や毛布、枕など布製品の中で人の皮膚や皮脂を餌としてどんどん繁殖していく小さな虫です。

ダニに刺されると強烈なかゆみと赤いブツブツがあらわれ、1週間ほど症状が続きます。

 

ダニ刺されの対策法は

ダニに刺されても通常であればすぐに治りますが、アレルギー反応などを起こしている場合には素早い皮膚科への受診が大切です。

そして、ダニの温床となっている原因を取り除きましょう。

布団は外へ干してもあまり意味がありません。布団乾燥機を使用した後に布団クリーナーで丁寧にダニの死骸を取り除きましょう。

 

枕は洗濯し、しっかり乾燥させましょう。

ダニを寄せ集めて退治する商品もありますので、駆除剤などと併用しダニを徹底的に駆除していきましょう。

 

 

皮膚の乾燥

冬場に注意したいのは、皮膚の乾燥によるかゆみです。一度気になり掻いてしまうと、かゆい場所がどんどん広がり、ぶつぶつも増えて寝られないほどかゆくなってしまいます。

掻けば掻くほど症状は悪化していくので、なるべく刺激を与えないことが大切です。冬場の肌は空気の乾燥によって常に刺激を受けているので、肌を乾燥させない対策が必要になります。

 

 

382271

皮膚の乾燥の対策法は

入浴剤を保湿成分入りのものに変えてゆっくり入浴する、ボディソープも保湿成分入りのものを使用したり、お風呂上りには全身用の保湿クリームを塗りましょう。

 

背中の乾燥肌は寝ている間に起きやすいので、就寝前の入浴で対策をすることが一番効果的です。

まとめ

背中が痒いというだけでも様々な原因が考えられることが解りましたが、あなたの症状に当てはまっているものはありましたでしょうか?

背中のブツブツの多くは、清潔にしていることで防げますので、毎日の生活の中で少しだけ気を付けて、つらい背中のかゆみとさよならしましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事