花粉症の諸症状を抑える抗ヒスタミン薬であるザイザル。

市販薬はなく処方薬のみなので、あまり聞いたことのない方もいるかもしれません。

今回は、ザイザルについての効果と副作用について説明させて頂きます。

 

スポンサーリンク

この薬の働き

ザイザルは成分名を「レボセチリジン塩酸塩」と言います。

効き目の強い花粉症のお薬であるジルテックから、眠気作用を抑えた薬として改良されました。

服用後の効き目も早く、作用も持続性があるのが特徴です。

そしてやはり、眠気の副作用が少ないことが特筆です。

 

製品名(ロラタジン)

  • ザイザル (グラクソ・スミスクライン)

 

スポンサーリンク

効能

  • アレルギー性鼻炎
  • 湿疹
  • 蕁麻疹
  • 痒疹
  • 皮膚そう痒症

など。

用法・容量

就寝前に5㎎を1回服用します。
(年齢、症状により増減させますが、最高で10㎎までになります)

小児は2.5㎎を、朝食後と就寝前の2回服用します。

 

副作用

眠気、頭痛、倦怠感、めまい、浮遊感、不眠、口の渇き、食欲不振、動悸、不整脈、など。

 

重大な副作用

肝機能障害、黄疸、ショック、アナフィラキシー様症状、けいれん、など。

 

使用上の注意点

眠気の副作用を抑えられている薬ですが、それでも眠気が起こることがあります。車の運転や高所などでの危険な作業は控えて下さい。

季節性のアレルギーの場合、シーズンの直前から終わるまで服用を続けて下さい。

他の薬と併用する場合には、医師や薬剤師に相談して下さい。

 

 使用は厳禁
・この薬で過敏症をおこしたことのある方
・重い腎障害のある方
 使用は注意
・肝機能障害のある方
・腎機能障害のある方
・てんかんを持っている方
・高齢者の方

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事