最近は、さかんにテレビCMでも宣伝している「アレグラ」。すでにご存じの方も多いと思います。

今回は、花粉症によるアレルギー性鼻炎で服用されることが多い、アレグラの効果と副作用についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

この薬の働き

「アレグラ」の名前で有名なこの薬ですが、成分名を「フェキソフェナジン塩酸塩」といいます。

アレルギー反応を引き起こす原因となる、ヒスタミンなどの化学伝達物質の生成を抑える働きがあります。

その効果はアレルギー性鼻炎や、蕁麻疹の改善などに有効です。

 

この薬の特徴は、眠気などの副作用がほとんど無いにも関わらず、即効性や持続性に優れている点です。

それ以外にも、アトピー性皮膚炎をはじめとした皮膚疾患にも効果が認められています。

 

製品名

  • アレグラFX (久光製薬)
  • アレグラ (サノフィ)
  • アレグラOD  (サノフィ)

 

ジェネリック

  • フェキソフェナジン塩酸塩 (エルメッドエーザイ、他)
  • フェキソフェナジン塩酸塩DS (東和薬品)
  • フェキソフェナジン塩酸塩OD (日本ジェネリック、他)

 

スポンサーリンク

効能

  • アレルギー性鼻炎
  • 皮膚疾患
  • 蕁麻疹

など。

用法・容量

1回60㎎を、2回服用します。

7歳以上12歳未満の小児は、1回30㎎を2回服用します。

12歳以上の小児は、1回60㎎を2回服用します。

 

副作用

眠気、吐き気、嘔吐、不眠、口の渇き、頭痛、倦怠感、めまい、腹痛、消化不良、発疹などの過敏症、など。

 

 

重大な副作用

黄疸、肝機能障害、アナフィラキシー様症状、無顆粒球症、など。

 

使用上の注意点

季節性アレルギーで服用する場合、シーズンの直前から終わるまでの期間、服用を続けて下さい。

 使用は厳禁
・この薬で過敏症をおこしたことのある方

 

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事