当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

急な発熱を一日でも早く下げたい!

こう思われる場面は、しょっちゅう訪れるのではないでしょうか?

社会人の方は、おちおち発熱で何日も休んでいる訳にはいきませんよね。

そこで今回は、効率良く熱を下げる方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

熱は無理に下げてはいけない

記事タイトルと矛盾してしまいますが、熱を無理やり下げてしまうことは実はあまりお勧めできません。

 

ウイルスや細菌は、体温が33度前後で最も繁殖しやすい性質を持っています。

そこから体温が上がるにつれ、繁殖力が低下していくのですね。

 

熱が出ている状態というのは、体の免疫細胞がわざと体温を上昇させて、ウイルスや細菌と戦っている状態です。

 

それを無理やりにでも熱を下げてしまうと、ウイルスや細菌を退治しきれなくなったり、退治するまでの時間が伸びてしまうことがあります。

 

こうなると風邪が長引いてしまったり、ぶり返し熱を発してしまう危険性があるということです。

 

ですので、早く熱を下げたいからといって風邪薬や解熱剤を飲むことは、根本的には遠回りになってしまいます。

熱があるなら出し切ってしまうのが正解なのですね。

 

ただしこれらは、体温が40度程度までの話です。

体温が40.5度を超えると、体温を調節する機能が失われてきます。

そして体温が42度あたりから、体内のタンパク質が崩壊を始めるという恐ろしい状態になります。

 

ですので、どんな高温になっても熱は出し切ったほうが良いというのは間違いです。

体温が40度を超えたら、速やかに病院での診察を受けましょう。

熱を早く下げるには?

熱を意図的に下げてはいけないからといって、何も対策を講じないのはいただけませんよね。

ここは積極的に快方へ向かう施策を試してみましょう。

大切なことは、自分の自然治癒力や体力を高めて、体内のウイルスや細菌をさっさと退治してもらうことになります。

 

熱が上がりきるまでは体を温める

発熱時の初期症状では、体温は上昇の一途をたどっていくでしょう。

その時には、寒気や悪寒といった症状が出るかもしれません。
その場合には、たとえ熱があっても冷やしてはいけません。

ここは暖房器具、布団、カイロなどを総動員して、体温の上昇を助けてあげて下さい。

 

初期症状の段階でまずやるべきことは、体の免疫細胞の攻撃力を最大限高めることなのです。

 

 

発熱のピークをすぎたら体を冷やす

発熱のピークをむかえ、汗が大量に出始めたときが、体を冷やし始める合図です。

同じ体が冷えることでも、汗が冷えて体を冷やすのは良くありません。

汗で濡れてしまった下着類は、まめに交換しましょう。

 

体を冷やす場所は、おでこではありません。

体の要所要所にあるリンパ節を冷やすことが最も効果が高いのです。

 

 

ツボ押し

むやみに解熱剤を服用することはお勧めできませんが、ツボ押しなら副作用の心配もなく安心ですね。

 

体には「曲池」「十宣」「大椎」など、熱を下げるツボが存在します。

 

解熱剤ほどの即効性は期待できないかもしれませんが、自宅で手軽にできるのでおススメです。

 

しっかり栄養素を摂る

熱があるときは、まず食欲は出ないですよね。

しかし、だからこそ栄養はしっかり摂らなければいけません。

基本は消化の良いもの、そして水分も同時に摂れるものがお勧めです。

 

果物類は水分が多くてビタミンが豊富です。

消化の良くない皮の部分を取ったミカンなどの柑橘類も、熱のある時には食べやすいのでよいでしょう。

 

 

果物の100%ジュースも良いでしょう。

食欲がない時に、ビタミンの他に水分補給も同時にできるので便利ですね。

 

場合によっては、栄養ドリンクを飲んで体力を取り戻すのもいいかもしれません。

 

 

休息と水分補給

風邪による発熱であれば、とにかく十分な休息をとることが一番です。

発熱時にだるさを感じて何もする気が起きないのは、体が「休め」と言っているのですね。

 

ここで余計な体力を消耗しては、免疫細胞の働きに使うパワーを浪費してしまいます。

ここはゆっくりと静養し、免疫のお仕事の邪魔は避けましょう。

 

そして発熱時はとにかく脱水症状に注意して下さい。

飲み物では、常温の水やスポーツドリンク、経口補水液などが良いでしょう。

 

お茶やジュースは水分として吸収されるまでに時間がかかります。

水分の補給が目的なら、水を摂取したほうが良いでしょう。

 

解熱剤を服用する

そうは言っても「明日はどうしても会社を休めない」「大事な学校の行事がある」という場合があるでしょう。

そのような緊急時には、やはり解熱剤の力を借りるのが早いです。

解熱剤は経口薬ではなく、座薬のほうが効きが良いでしょう。

 

ただし忘れないでいただきたいのは、薬の力で一時的に熱が下がって楽になっているということです。

決して根本的に快方に向かっているわけではありません。

 

ここで無理をして体に負担をかけては、完治は遠のくばかりです。

大事な用事を済ませたら、寄り道せずに早く帰宅して養生に努めて下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回は、最短で熱を早く下げるために効果のある方法を紹介しました。

熱を早く下げる方法は、結局は自然治癒力を高めてあげることが一番です。

無理に薬の力に頼るのではなく、熱を出し切りつつ、睡眠・栄養・水分を十分にとることを心がけて下さいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事