当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

熱があってだるい、食欲もあまりないしお腹の具合も良くない・・・。

そんな時、どんな食べ物を食べたらいいのでしょうか?

今回は、消化にいい食材選びからおすすめの食事内容まで、熱が出たときに体に優しい食べ物についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

発熱時におすすめの食べ物・飲み物

発熱時に食べると回復を早める、おすすめの食べ物や飲み物はどんなものなのでしょうか?

まずは消化が良くお腹に優しいもの、そして免疫力を上げ体力の付くようなものが良いでしょう。

具体的には以下の通りです。

 

食欲がない時にはりんごが一番

食欲がなく何も食べたくない、お腹の調子もよくない、そんな時にはリンゴが一番適しています。

まずはリンゴのすりおろし、調子が良くなって来たら固形のまま食べましょう。

リンゴは水分も多く、胃腸に負担をかけないのでエネルギーと水分補給、そしてビタミンの補給にもピッタリの食材です。

571596

 

牛乳・豆乳・野菜ジュース

熱が出ているときの水分補給は大切ですが、水分と一緒に栄養も補給できる飲み物を選ぶようにすると、食欲がない時でも体力を失うことがありません。

特に牛乳や豆乳はたんぱく質を摂取できるので、体力の維持には必要不可欠です。

野菜ジュースは手軽にビタミン類が沢山摂れるのでおすすめですよ。

103168

 

ヨーグルト

少し具合がよくなって来たら、食べられるようであればヨーグルトを積極的に食べましょう。

ヨーグルトは、腸内環境を整える乳酸菌のパワーで免疫力の向上が期待できます。

特に、生きたまま腸まで届く乳酸菌のヨーグルトがおすすめです。

103172

 

発熱時に避けたい食べ物は?

では、逆に熱がある時に食べると余計に具合が悪くなってしまうような食べ物は何なのか見てみましょう。

 

まず、刺激の強い食べ物は絶対に避けましょう。

トウガラシや山椒、からしにマスタード、すべて摂取は控えてください。

喉にもよくありませんし、おなかの具合も悪くなります。

おなかの調子が悪いといつまでも元気になれませんよ。

 

次に体の冷えるものもダメです。

熱があるとついついアイスクリームのようなものが食べたくなりますが、食べ物で体を冷やそうとしても内臓が冷えてしまって抵抗力が上がりません。

水分補給もキンキンに冷やしたジュースを飲みたくなりますが、ぬるま湯や一度沸かしてから冷ました白湯などを飲むようにしてください。

 

そして油ものもNGです。

揚げ物や脂肪たっぷりの肉類、生クリームなど消化しにくいものは極力避けましょう。

胃腸の動きが悪い時に油ものを食べると、いつもと違って物凄く内臓に負担がかかってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

熱が下がってからのおススメの食事

343135

 

最後に、熱が下がってから体が完全に回復するまでに食べたい、おススメの食事についてご紹介します。

基本は、お腹に優しい食材で温かい食事を作ることです。

 

まずは薬味をたっぷり使う食事を心がけてください。

体を内側から暖めてくれるショウガやニンニク、ネギなどは殺菌作用もあるので体が弱っている時には積極的に食べたい食材です。

具体的には、野菜や薬味たっぷりの鍋がいいでしょう。

 

スープは刺激的なキムチや坦々味は避け、水炊きなどにしましょう。

シメにはうどんや雑炊で炭水化物を摂れば、栄養バランスもばっちりです。

 

そして免疫力を上げて体調回復を早めたいのなら、柑橘類がおすすめです。

間食にはみかんやゼリーを食べるようにするのがおすすめですよ。

 

野菜をたくさん食べるのなら、温野菜サラダもいいでしょう。

さらに豚しゃぶを付けた温野菜なら、栄養満点で体力の回復も早まること間違いなしです。

ドレッシングは胡麻系を選ぶと体力がつきますよ。

まとめ

体調が悪い時に食事をするのは大変なことですが、しっかりと栄養を摂らないといつまでも体調不良を引きずってしまうことにもなりかねません。

発熱時には水分とエネルギーを、解熱後はたんぱく質やビタミンの補給を意識して、内側から抵抗力を上げて一日でも早く元気になれるようにしたいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事