当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

夏は暑いから出かけるのは控えよう、どこにも行かない…という訳にはいきませんよね。

赤ちゃんにとってお散歩は新たな体験ができる学習の場でもあり、日光浴をして健康を維持するためのものでもあります。

買い物へでかけるのに徒歩だけでなく、車に乗って行くこともあるでしょう。

そこで気をつけたいのが赤ちゃんを暑い中連れて、熱中症にならないか?ということ。

暑い中出かける時、赤ちゃんを熱中症にさせないためにはどのような対策があるのでしょうか。

子供の健康、命を守るために熱中症対策を真剣に考えてみましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱中症対策【お散歩編】

服装についての注意点

暑いなら薄着にさせるべき!という感じがしますが、日光を浴びて暑くなるので、できるだけ服装は「露出の少ない恰好」をおすすめします。

つまり長袖ということですが、汗を吸収しやすい素材の綿でできた、風通しの良い長袖の洋服を選ぶのがポイントです。

 

汗を吸収しにくく風通しの悪い化学繊維の服は、服と肌の間に熱気や湿気がこもり熱がうまく逃げていかないので、熱中症を起こす可能性があります。

陽が出ている時のお出かけは薄手、綿素材、長袖の服を選んで行きましょう。

 

屋内では脱がせたり緩めたりできるようなタイプの服を選ぶといいと思います。

 

帽子についての注意点

日光を浴びて暑くなったり、紫外線の影響を受けないように帽子を被せます。

通気性の良い綿素材や麦わら帽子のようなものが良いでしょう。

 

ただ、頭に被せるというのが苦手な赤ちゃんや、帽子をオモチャにしてしまい長時間帽子を被れない子もいると思います。

夏の陽が出ている時に出かけられるよう、日ごろから帽子を被る練習をしておくとスムーズに出かけられますよ。

 

抱っこひもについての注意点

抱っこひもを使うと、ママと赤ちゃんの体が密着するので赤ちゃんもママも暑いです。

熱や湿気がこもりやすく暑苦しい状態になってしまうので、抱っこひもを使う時は熱中症にしっかりと気をつける必要があります。

 

もし使うのであればメッシュ生地の夏用の抱っこひもを使ったり、抱っこひもに保冷剤を取り付けられるタイプのものを購入するといいでしょう。

ベビーカーについての注意点

ベビーカーに赤ちゃんを乗せている時、地面に近い赤ちゃんのいる空気は外気温よりも5度前後高いと言われています。

ベビーカーは通気性が悪く熱気がこもりやすいので、気づいたら熱中症を起こしていたということも少なくありません。

 

ベビーカーに赤ちゃんを乗せて移動する時は、日よけカバーをつかったりベビーカーの背中に取り付けられる保冷剤を利用するなどの対策をしましょう。

また、昼間の暑い時間はできるだけ外出は控え、朝方や夕方のお散歩をおすすめします。

 

 

赤ちゃんの熱中症対策【車内編】

エアコンや車内の室温についての注意点

赤ちゃんは後部座席のチャイルドシートに乗せると思います。

運転席や助手席では結構涼しいくらいエアコンをきかせているなと感じていても、後部座席は前の席に比べて実は2度ほど温度が高い状態です。

窓から日差しが入れば、さらに暑さを感じるでしょう。

「最適な温度に設定する」というより、前の席では結構涼しいと感じるくらい冷えていると後部座席は快適な温度になっているはずです。

 

また、車内に乗り込む時が冷えるまで暑いですよね。

手軽に車内の温度を下げる方法をご紹介しましょう。

助手席または運転席の窓を開け、反対のドアを5回開け閉めします。

これだけでかなり温度は下がります。

 

次は最も効率よく、最短時間で社内を冷却する方法のご紹介です。

エアコンを使う時は窓を全て開け、エアコンを外気導入にし温度設定を最低にして走ります。

2分くらいしたら窓を全部閉め、エアコンを内気循環にします。

 

この方法はJAFがすすめている方法ですので、確実に効率的に車内の温度を下げることができるでしょう。

JAFのホームページで同じ説明をしていますので、こちらも確認してみてください。

「JAFユーザーテスト 車内の温度を最も早く下げる方法は?」

 

紫外線対策についての注意点

紫外線は車の窓を通って車内にも入り込みます。

ここは、車内が暑くなるのを防ぐために窓につける「サンシェード」を用意しておくと良いでしょう。

 

吸盤で簡単に取り付けられるので、赤ちゃんが乗っていない時には手軽に外せます。

サンシェードを使い日光、紫外線を防ぐだけでも車内の温度は上がりにくく、赤ちゃんのお肌も守れます。

 

チャイルドシートについての注意点

チャイルドシートは最近、保冷剤を取り付けられるシートが販売されているので夏の間は保冷剤をいれられるシートを使ってみてください。

 

付属の保冷剤は柔らかいジェルになっているので、ゴツゴツせず赤ちゃんも嫌がりません。

チャイルドシートと赤ちゃんの背中の間が熱くなりやすいので、保冷剤入りのシートを使えばひんやり快適にドライブを楽しめます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

お散歩や車での移動、ドライブを夏だけやめるなんてことはできません。

しかし暑い中では熱中症になる可能性もあります。

赤ちゃんが熱中症を起こしてしまわないように、きちんと対策をした上で出かけるよう夏は特に気をつけてあげてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事