当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

右下腹部には腸、腎臓、生殖器等の重要な臓器が集まっている場所なので、そこに痛みが出た時は見逃さないようにしましょう。

しかし集まっている器官が多いだけに何の病気が潜んでいるのか見当もつかず怖い、ということもありますね。

まずはかかりつけの医師や病院の総合案内で相談してみるのが基本です。

その際、代表的な症例を知っておくと動きやすいかもしれません。女性、男性、それぞれに発症しやすい症状を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

女性に起こる右下腹部が痛くなる原因

子宮や卵巣のトラブル(婦人科疾患)

女性で右下腹部の痛みがあり、激しい月経痛や生理トラブルなどがある場合は子宮や卵巣の病気のサインなのかもしれません。

  • PMS(月経前症候群)
  • 子宮内膜症による下腹部等への強い痛み
  • 子宮筋腫による下腹部の痛みや下腹部のしこりなど
  • 子宮外妊娠による出血や下腹部の激痛
  • 細菌感染による子宮内膜炎、細菌感染による子宮付属器(卵管・卵巣)の炎症(常在菌の他、クラミジアや淋病など性感染症を含みます)
  • 子宮、子宮頸部、卵巣などの腫瘍、がん

 

これらは症状によって一生付き合わなくてはいけないものから、手術での治療を要するものまで様々です。

気になる痛みがあれば、婦人科・産婦人科での受診をしましょう。

 

女性に多い腸のトラブル

運動不足や冷え性に陥りやすく、またトイレやおならを我慢しすぎる傾向のある女性は、腸のトラブルでの痛みを抱える方が少なくありません。

もちろん男性にも有りえる症状です。

内科・消化器科、場合によっては心療内科などでの治療が必要です。

  • 下腹部の張り、ガス溜まりによる痛み
  • 過敏性腸症候群による腹痛、下痢、便秘など

 

女性に多い膀胱炎

膀胱炎は男女ともになる病気ですが、尿道が男性より短い女性は構造上よりかかりやすくなっています。

下腹部の痛みや尿の異常、排尿痛などの症状が出ます。

内科、泌尿器科での治療が必要です。

男性に起こる右下腹部が痛くなる原因  ~前立腺に起こるトラブル~

女性が子宮でのトラブルを抱えるように、男性は生殖器である前立腺の病気が右下腹部の痛みとなって表れることがあります。

ここでは男性特有の前立腺の病気について紹介します

  • 細菌感染による前立腺炎 高熱、排尿痛、下腹部の痛みなど
  • 前立腺肥大症 尿が溜まった時に下腹部に痛みがあらわれ、排尿痛が出るなど
  • 前立腺がん 排尿障害が出る。進行すると激痛が起きることも

 

膀胱や尿道に接している前立腺に異常があると、排尿に関する異常が伴います。

 

また、これらは50歳以降の中高年男性に起こりやすい病気です。

違和感が続くようなら内科や泌尿器科を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

男女共通する右下腹部が痛くなる原因

ここでは男女ともに右下腹部に痛みが起きる原因について紹介していきます。

  • 尿路結石
  • 虫垂炎 (盲腸)
  • 膀胱炎
  • 腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • 過敏性腸症候群
  • 腸閉塞
  • 腸捻転
  • 大腸、膀胱などのがん

 

そしてここで挙げた以外にも様々な病気が考えられます。

 

受診する際は痛みの程度、どこが痛いか、吐き気、発熱、他の部位の痛みなど別の症状は出ていないか、などの詳しい状況をしっかり伝えられるようにしましょう。

 

まとめ

右下腹部に痛むときは様々な部位での異常が考えられるため、自分では判断することが難しい場合が多々あります。

女性は生理周期に関係した症状だと諦めてしまったり、男性は加齢に伴う症状なのだと軽く考えてしまったりすることもあるかと思いますが、中には今回紹介したような病気が潜んでいることもあります。

しっかり治療すれば症状を治すことも軽減させることも可能なので、右下腹部の痛みに悩んでいる方は一度病院での詳しい検査を受けてみて下さいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事