当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

1996年から発売されているこのエバステル錠。

今回は、その効能と副作用についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

この薬の働き

エバステル錠の成分名を「エバスチン」といいます。

アレルギー反応のもととなるヒスタミンの働きを抑制します。

作用に持続性があることも特徴になります。

 

製品名

  • エバステル (大日本住友、MeijiSeika、ファルマ)
  • エバステルOD (大日本住友、MeijiSeika、ファルマ)

 

ジェネリック

  • エバスチン (長生堂、日本ケミファ、日本ジェネリック、他)
  • エバスチンOD (シオノケミカル、テバ、ニプロ、他)

 

スポンサーリンク

効能

  • アレルギー性鼻炎
  • 皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 痒疹

など。

用法・容量

1日5~10㎎を、1回服用します。

 

副作用

眠気、口の渇き、頭痛、倦怠感、めまい、胃部不快感、など。

 

重大な副作用

黄疸、肝機能障害、ショック、アナフィラキシー様症状、など。

 

使用上の注意点

季節性アレルギーで服用する場合、シーズンの直前から終わるまでの期間、服用を続けて下さい。

眠気の副作用が出ることがありますので、運転や高所などでの危険な作業は避けて下さい。

 使用は厳禁
・この薬で過敏症をおこしたことのある方
 使用に注意
・肝機能障害のある方
・妊婦の方

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事