当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

近年健康にいいと大注目の発酵食品ですが、中でもヨーグルトは様々な健康効果が期待されている発酵食品界のエースともいえる存在です。

特に花粉症の症状緩和にいいということが徐々に解明されてきていますが、それは一体何故なのでしょうか?

今回は、花粉症にヨーグルトが効く理由と効果的な食べ方、さらにはおすすめの商品も紹介していきます。

スポンサーリンク

花粉症にヨーグルトが効果がある理由

ヨーグルトが花粉症に効果的な理由、それは免疫を正常に保つ働きをサポートしてくれるというところにあります。

花粉症が発症する原因は、そもそもアレルギー体質であることがその一つです。

アレルギー体質は腸内環境が良くないほうへ傾くと悪化すると言われており、乳酸菌は善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があるため花粉症の症状を緩和してくれるのではないか、ということなのです。

また、ヨーグルトの種類によってはアレルギーによって崩れた免疫バランスを整えるというものもあり、これから先さらに花粉症に有効な乳酸菌が発見されるかもしれませんね。

花粉症に効果的な乳酸菌

花粉症に効果的だと言われている乳酸菌は1種類だけではなくいくつかありますので、種類ごと持つそれぞれの効能について見ていきましょう。

1073R-1乳酸菌

1073R-1乳酸菌は、明治のブルガリアヨーグルトを作る乳酸菌です。

EPSと呼ばれる多糖体を多く作り出す特徴があり、EPSは免疫機能を活性化します。

 

免疫機能を活性化するということは、花粉症の改善だけではなく風邪やインフルエンザの予防効果も見込めます。

実際にマウスによる実験では、インフルエンザの抑制効果の可能性が見られました。

LG21乳酸菌

LG21乳酸菌は、明治の保有する乳酸菌の中から発見された、人由来のお腹に優しい乳酸菌です。

LG21乳酸菌で注目したいのは、胃の中にいるピロリ菌を減少させる効果があるということです。

 

ピロリ菌は、胃の粘膜を荒らし胃がんや十二指腸潰瘍などを引き起こしてしまう菌ですから、そのピロリ菌を減少させるということは胃腸の働きをより正常な状態へ導いてくれるといえるでしょう。

この乳酸菌は花粉症に効果があるという研究発表はありませんが、胃腸を健康にすることで結果的に免疫力を高める効果が期待できます。

BB536ビフィズス菌

BB536ビフィズス菌は、実際に花粉症患者が摂取し研究した結果、血中炎症マーカーが改善し、抗アレルギー作用があることが解明されました。

BB536ビフィズス菌を摂取すると、腸管免疫系に作用し体内の免疫バランスが改善、結果花粉症の症状が緩和します。

この乳酸菌は少量の摂取でも整腸作用があり、大腸がんの予防や潰瘍性大腸炎の緩和作用も認められています。

L-55乳酸菌

L-55乳酸菌は人由来の乳酸菌で、胃酸で溶けることなく生きたまま腸まで届き、腸管に付着しやすく乳酸菌の効能をしっかりと発現させることができるという特徴があります。

実際に、花粉症のマウスを使った実験において、花粉症の症状緩和効果があることが解っています。

炎症物質ヒスタミンを引き起こす抗原特異的IgE抗体が、この乳酸菌を摂取することで減少し、くしゃみなどの花粉症状を緩和してくれます。

フェカリス菌

フェカリス菌は、殺菌された状態でも腸内に届いて善玉菌を増やし、整腸効果が得られるという乳酸菌です。

実際にフェカリス菌を毎日摂取することで、花粉症由来の鼻づまりやくしゃみといった症状が改善されたという結果が確認されています。

また、フェカリス菌は超微粒子で大量摂取が可能なことから、毎日大量に摂取することに優れた乳酸菌であると言えます。

KW乳酸菌

KW乳酸菌は、キリンが発見した免疫バランスを整える効果がある乳酸菌です。

アレルギー反応は免疫細胞のTh1とTh2のバランスがTh2側に大きく傾くことによって起こりますが、KW乳酸菌はこの傾きを修正する働きがあることが明らかになっています。

つまりこの乳酸菌は、花粉症は勿論様々なアレルギー反応への効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

効果的なヨーグルトの食べ方

それぞれの乳酸菌の効果には特徴があることがわかりましたが、その特徴と効果を更に高めるためにヨーグルトの食べ方も少し工夫してみましょう。

自分に合った乳酸菌を探す

乳酸菌には人によって合うものと合わないものがあり、合わないものだとアレルギー緩和に効果がないどころか、お腹を下してしまうこともあります。

まずは自分の体に合う、食べ続けることができる乳酸菌を探しましょう。

2週間食べ続けて効果を確かめる

同じ乳酸菌を2週間食べ続け、効果の具合を確かめてください。

もし全く症状が緩和しなければ、違う乳酸菌をまた2週間食べましょう。

症状の緩和が見られる乳酸菌を見つけることが出来たら、それを毎日、できれば一年中食べてください。

食後に食べる

特に生きて腸まで届くことで効果が発揮される乳酸菌では、食前よりも食後にヨーグルトを食べることでその効果を更に高めることができます。

空腹時には、胃の中は胃酸が強くなっているので乳酸菌が死んでしまう可能性があります。

しかし、食後に食べ物で満たされている状態であれば、胃酸が中和されその影響も弱くなります。

ミカンの皮と合せる

ミカンの皮に含まれるノビレチンは、免疫細胞が受ける刺激をブロックしてくれるという作用があります。

ヨーグルトとミカンの皮を合わせて摂取することで、実際に花粉症の症状が緩和することが解っています。

できれば国産の無農薬のミカンを購入し、ミカンの皮とヨーグルトでスムージーを作って毎日飲みましょう。

完熟バナナと合せる

バナナには言わずと知れた整腸効果がありますよね。

さらには、青いバナナよりも完熟バナナの方がその効果が高いため、完熟バナナとヨーグルトを合わせて食べることでダブルの整腸効果が見込めます。

腸内環境を整えるのは免疫力強化の基本ですから、甘いヨーグルトが食べたい方は無糖のヨーグルトに完熟バナナを合わせて食べましょう。

花粉症におススメのヨーグルト

最後に、花粉症におすすめ!スーパーでも気軽に買えるヨーグルトをご紹介します。

今日の食事から、是非取り入れてみてくださいね。

オハヨーたっぷり生乳ヨーグルト


オハヨー乳業の「たっぷり生乳ヨーグルト」は、L-55乳酸菌が含まれているヨーグルトです。

甘みも丁度良く、小さい子供でも食べやすいヨーグルトです。

森永ビヒダス

森永乳業の「森永ビヒダス」には、BB536ビフィズス菌が含まれています。

脂肪ゼロタイプの物やクリーミータイプ、イチゴ味、シリアルにかけるタイプのものなど様々な製品がありますので、ヨーグルトが苦手な人でも食べやすくおすすめですよ。

カラダ強くするヨーグルト ラクトフェリンとビフィズス菌BB536


こちらも森永のヨーグルトですが、BB536にラクトフェリンを配合した商品です。

商品名の通り、免疫力を高めるヨーグルトとして販売されており、花粉症の他にインフルエンザなどの感染症予防にも効果が期待できます。

味はあっさり目で、毎日食べ食べても飽きないと人気の商品です。

朝のYOO


伊藤園の「朝のYOO」は、フェカリス菌の入った乳酸菌飲料です。

ヨーグルトはどうしても苦手、という方はドリンクタイプのものを選ぶと毎日続けることができますよ。

明治プロビオヨーグルトLG21


LG21乳酸菌の「明治プロビオヨーグルトLG21」も、低脂肪、アロエ入り、ドリンクタイプなど様々な商品が販売されています。

明治プロビオヨーグルトR-1


「明治プロビオヨーグルト」R-1は、強さ引き出す乳酸菌をキャッチフレーズに、今やすっかり世間に浸透している健康系ヨーグルトですよね。

1073R-1乳酸菌が含まれており、免疫を強化するヨーグルトとして有名です。

小岩井プラズマ乳酸菌ヨーグルト


「小岩井プラズマ乳酸菌ヨーグルト」は、小岩井乳業とキリンが共同開発しているKW乳酸菌のヨーグルトです。

低脂肪タイプですっきりと食べやすいヨーグルトとなっています。

まとめ

花粉症は一生もの、もう治ることはないとあきらめていたい方でも、自分の体内から変えていくことで辛い症状も改善していくことが出来るかもしれません。

ヨーグルトで花粉症対策をと考えている方は、花粉症の季節だけではなく通年食べ続けることが大切ですので、毎日の食事にヨーグルトを加えて試してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事