当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

タミフルが効果を発揮するまでの時間と持続時間について!副作用も心配!

タミフルが効果を発揮するまでの時間や、効果の継続する時間はどのくらいでしょうか。

気になる副作用についても、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

この薬の働き

現在ではインフルエンザの代表的な薬として定着したタミフルですが、成分名を「オセルタミビルリン酸塩」といいます。

このオセルタミビルリン酸塩は、世界で初めてインフルエンザの経口薬として開発されました。

気道粘膜の感染細胞からのウイルスの遊離を妨害して、ウイルスのさらなる増殖を抑える効果を発揮します。ウイルスを直接退治するというより、ウイルスをこれ以上増やさないようにする働きがあるのですね。

 

製品名

  • タミフル (中外製薬)

 

スポンサーリンク

効能

  • A型インフルエンザ
  • B型インフルエンザ

 

用法・容量

1回75㎎を2回5日間に渡り服用します。

  ポイント
発症から40時間経過後から服用した場合、薬の有効性は確認されていません。発症後は出来るだけ早く服用を開始して下さい。

 

効果が出るまでの時間・効果の持続時間

このタミフルが効果を発揮するまでの時間は、はっきりした数値では確認されていません。

しかし、服用後4時間ほどで体内に変化があらわれてくることは確認されています。

そして効果の持続時間ですが、先ほども説明しましたとおり、薬を処方されてから5日間は継続して服用します。よって、その5日間の持続ということになります。

 

副作用

下痢、腹痛、嘔吐、腹部膨張、口内炎、便の異常、食欲不振、頭痛、不眠症、めまい、背部痛、胸痛、など。

 

重大な副作用

アナフィラキシーショック、肺炎、肝機能障害、黄疸、スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死融解症、劇症肝炎、出血性大腸炎、急性腎不全、血小板減少、など。

使用上の注意点

小児、未成年者が服用した場合は、異常行動をしてしまう恐れがあります。最低2日間は患者が一人にならないよう、必ず付き添いの方の見守りが必要になります。

ですので10歳以上の未成年者は、医師の特別な判断がない限りは服用は厳禁です。

 使用は厳禁
・この薬で過敏症をおこしたことのある人
 使用に注意
・重い腎機能障害のある人
・妊婦の方

 

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事