当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

疲労は食べ物や飲み物の選び方などを工夫するだけで、効果的に回復させることができます。

どのような方法や、食べ物・飲み物を取り入れながら疲労回復することができるのでしょうか。

最近お疲れ気味の方にぴったりの情報をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

疲労回復におすすめの方法

食べ物・飲み物も大事ですが、毎日の生活習慣やちょっとした工夫も疲労回復に欠かせません。

睡眠をとる

睡眠不足は疲労回復にとって重要です。

寝ている間にダメージを受けたところや、疲労が溜まったところを修復・回復させるので、睡眠不足になっていると疲れをひきずってしまいます。

趣味を優先して睡眠を削っている人も最近は多いですが、時には我慢して早く寝る日も作ってください。

適度な運動

運動をする習慣がないと筋肉が減り、疲れやすくなってしまいます。

ハードな運動は疲れを溜めるだけですが、適度な運動は筋肉をほどよく付け、維持し、体を温めて血流を良くして、疲労物質の排出を促せます。

 

ストレスも発散できるので、心の疲労回復にもおすすめです。

軽い運動とは、散歩やウォーキング、ジョギング、ストレッチなど、自分ができる範囲の運動で構いません。

お風呂に浸かる

シャワーだけで済ませている人も多いかと思いますが、それでは体が芯から温まりません。

お風呂にゆっくり浸かると、血行が良くなり疲労物質が流れますし、リラックス効果にも期待できます。

忙しくてシャワーだけになりがちな人も、休日や時間がある時はお風呂に浸かってみましょう。

疲労回復におすすめの食べ物

疲労回復におすすめの食べ物を、毎日の食事に取り入れて疲れを解消しましょう。

取り入れやすい食べ物についてまとめてみました。

梅干し

すっぱいものに含まれている「クエン酸」は疲労物質の乳酸を分解する働きや、アミノ酸がエネルギー代謝を活発にさせて疲労物質が作られるのを抑える効果を発揮します。

梅干しは、コンビニなどでおにぎりに使われているものがありますし、手軽に食べられます。

 

お菓子コーナーではカリカリ梅などもありますね。

クエン酸を補給できるだけでなく、不足した塩分も補えるのでおすすめです。

レバー、ほうれん草

レバーやほうれん草には鉄分が豊富に含まれています。

貧血も疲労に繋がる原因ですし、疲労を長引かせる原因にもなります。

 

貧血性の疲労回復には、鉄分をたっぷり補給できるレバーやほうれん草を食事に取り入れて見ましょう。

レバニラやレバーペースト、ほうれん草の炒め物、お味噌汁など食事に取り入れやすく栄養が豊富なのでおすすめです。

玉ねぎ

仕事や家事、育児など体の疲れ以外にも精神的な疲れが溜まることもあるでしょう。

玉ねぎは、硫化アリルという精神的な疲労回復に効果的な成分が含まれています。

気持ちをおだやかにし、心の疲労やストレスを緩和する効果があります。

 

しかし、加熱するとせっかくの効果が薄れてしまいます。

新タマネギなど、からみが少ない玉ねぎや、軽く水にさらしてお酢を使ったドレッシングと和えて生で食べるのがおすすめです。

豚肉

豚肉には、疲労回復に効果的なビタミンB1が牛肉の10倍含まれています。

炭水化物をエネルギーに変える働きがあり、エネルギーの不足した体を元気にしてくれます。

豚肉はクエン酸を含む食べ物と一緒に食べて効果を発揮するので、お酢や梅、柑橘類などと一緒に食べるのがおすすめです。

スポンサーリンク

疲労回復におすすめのドリンク

今度は疲労回復におすすめのドリンクです。食べ物より、飲んで手軽に摂取できるのでドリンクもうまく取り入れてみてください。

トマトジュース

トマトのリコピンは強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去して疲労回復効果を発揮します。

活性酸素は疲労やストレスによって発生するもので、健康な体を攻撃してしまう余分なもの。

トマトジュースを飲んでしっかり除去しましょう。

 

疲労回復以外にも美容や病気予防にも効果的なので、積極的に飲みたいドリンクです。

アセロラジュース

アセロラには疲労回復に効果的なビタミンB群やミネラル、ビタミンCなどさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

特にビタミンCは多く、レモンの10倍も含まれています。

ビタミンCは、不足すると美容を損なったり疲れやすくなります。

 

しかしビタミンCは水溶性成分で、一度に多く摂っても尿と一緒に排出されてしまうもの。

ですから、こまめにアセロラジュースを飲んでビタミンを補給しましょう。

甘酒

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるくらい栄養素が豊富な飲み物です。

ビタミンB群やアミノ酸、糖分、食物繊維など疲労回復に必要な栄養素が詰まっているので、疲れが気になる時にコップ一杯飲むようにすると良いでしょう。

 

酒粕の甘酒は微量ですがアルコールが含まれますし、甘酒を作る時に砂糖をたくさん使うので米麹の甘酒をおすすめします。

米麹の甘酒はアルコールが含まれず、砂糖の甘さではなく米のでんぷんによる甘味なので糖分の摂り過ぎ、カロリー過多になりにくいです。

イミダペプチド

しっかり疲労感の軽減を実感したい方は、疲労感の軽減に特化したドリンクがおすすめ。

国内初の「疲労感軽減 機能性表示食品」であるこのドリンクであれば、たしかな実感を期待できるかもしれません。

【イミダペプチド ドリンク】

まとめ

疲労回復は、日々のちょっとした生活習慣の見直しや食材選びの工夫で簡単にできます。

最近疲れが取れにくい、体がだるいと感じている方は、疲労回復に効果的な方法や食べ物・飲み物を工夫してみませんか?

すっきりすると仕事も趣味も今以上に頑張れますし楽しめますよ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事