当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

夏場になると必須アイテムとも言える虫除けスプレー。
ただ、虫が嫌がったり殺虫効果のあるスプレーを使うのは、抵抗がある方も多いでしょう。

そこで今シーズンは、安心のアロマオイルで自作してみてはいかがでしょうか。
虫除けに効果のあるアロマオイルと、虫除けスプレーの作り方を解説しましたので、是非チャレンジしてみて下さい!

スポンサーリンク

虫除けに効果のあるアロマ

まずは、虫除けに効果のあるアロマはどんな種類があるのでしょうか。

こちらから見ていきましょう。

シトロネラ

蚊や虫が嫌う香り成分で、市販の虫除けスプレーにもよく使われています。
レモンのような爽やかな香りに、少し甘みも含んだクセのない匂いです。

レモンユーカリ

名前の通りレモンのような香りのアロマです。
シトロネラールという成分にはデオドラント効果もあるため、汗の匂いも同時に防いでくれます。

皮膚への刺激を感じることがあるので、低濃度から使用してみてください。

レモングラス

レモングラスに含まれるシトラールという成分が虫除け効果を発揮します。犬のノミ対策にも使われることがあります。
シトラス系の香りが夏の疲れも癒やしてくれます。

こちらも皮膚への刺激を感じることがあるので、低濃度から使用してください。

ゼラニウム

レモンユーカリと同じ、シトロネラールを含んでいます。
香りはバラのような香りとミントのようなハーバルな香りで、心身のバランスを整える効果があります。

ラベンダー

人にとってはリラックスできるラベンダーの香りにも、蚊やアリを寄せ付けない成分が含まれています。
効果としては少し弱いので、他のアロマと併用して好みの香りにしてみてください。

夏だけでなくオールシーズン使える香りなので、お部屋の香り付けを兼ねて使いやすいアロマですね。

ハッカ油

肌につくだけでスッと涼しくさせる効果のあるハッカ油ですが、この原因となるメントールには虫の忌避効果があります。

蚊はもちろん、ゴキブリやコバエにも効果があるので、虫の増える夏場には重宝しそうです。

虫除けスプレーを作るのに必要な材料

さて、いよいよ自作の虫除けスプレーの製作に入ります。

まずは、これだけの材料をそろえておきましょう。

虫除け効果のあるアロマオイル 10滴程度

数種類のアロマオイルを組み合わせてもOKです。合計で10滴程度使用します。

例 レモングラス7滴 + ゼラニウム2滴 + ラベンダー1滴
シトロネラ4滴 + レモンユーカリ4滴 + ラベンダー2滴

アロマオイルはホルモンの分泌に影響することがあります。
妊娠中の方は、過剰に使用したり肌についたりしないよう、特に注意してください。

消毒用エタノールまたは無水エタノール 10cc

水とアロマオイルはそのままでは水に混ざりませんが、エタノールを溶媒にすることで溶かすことができます。
違いは濃度で、消毒用エタノールは80%、無水エタノールは100%の濃度です。

消毒用エタノールの方が価格も安く手頃ですが、脱脂力が強いため肌につくのが気になる場合には無水エタノールを使用した方がいいでしょう。

水道水または精製水 40cc

純水である精製水はドラッグストアでも買うことができます・

ただし腐敗しやすいため、夏場に作って使用する場合には水道水がオススメです。

スプレー容器

100均で売っているものでもいいですが、アルコールやオイルの使用ができるものかどうか確認してください。

プラスチック製のものよりガラス製で遮光されているものがいいです。
特にハッカ油を使う場合は、プラスチック製の容器の内側が溶けてしまう可能性があります。

できあがった虫除けスプレーの使用期限は2週間程度なので、作成量に合わせたサイズの容器にしましょう。

スポンサーリンク

虫除けスプレーの作り方

虫除けスプレーの作り方は簡単です。
それぞれを容器に入れて振って混ぜるだけ!

エタノールと水の反応で少し暖かく感じたり、白濁することもあります。

できあがったスプレーは間違って口にいれないようラベルを貼り、作成日、使用期限を記入しておきましょう。

まとめ

手作りの虫除けスプレーで体にも優しいですが、エタノールを含んでいるので赤ちゃんや肌の弱い方、ペットには直接肌につけないよう気をつけてください。

好きな香りで、虫を寄せ付けない快適な夏を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事