マイコプラズマやRSウイルスの抗菌剤として有名な「オゼックス」。

今回はこの薬の効果と副作用についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

この薬の働き

成分名を「トスフロキサシントシル酸水和物」といいます。細菌のDNA複製を妨害するように働きかけ、死滅させる化学療法剤になります。

グラム陽性菌や陰性菌に優れた抗菌力を示して、呼吸器、胆道、腸管、泌尿生殖器、皮膚、目、鼻、耳などの感染症に用いられます。

これまでの抗菌剤と比較して、副作用も抑えられています。

 

製品名

  • オゼックス (大正富山)
  • オゼックス小児用 (大正富山)
  • オゼックス点眼 (富山化学)
  • トスキサシン (アボット)
  • トスフロ点眼 (日東メディック)

など。

 

スポンサーリンク

効能

  • おでき、ニキビ、汗腺炎、化膿性関節炎、蜂巣炎、膿皮症、毛のう炎、丹毒
  • リンパ管炎、皮下膿瘍、乳腺炎、骨髄炎、脳腫瘍
  • 扁桃炎、咽喉頭炎、気管支炎
  • 肺炎、胆のう炎、膀胱炎、尿道炎、子宮内感染
  • 中耳炎、外耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎

など。

 

用法・容量

大人は、1回300㎎~600㎎を、2回~3回に分けて服用します。

子供は、1回180㎎~360㎎を、2回~3回に分けて服用します。

 

 

副作用

発疹などの過敏症、胃や腹部の不快感、下痢、吐き気、胃痛、腹痛、など。

 

重大な副作用

急性腎不全、血小板減少、アキレス腱炎、横紋筋融解症、間質性肺炎、偽膜性大腸炎、出血性大腸菌、低血糖、スティーブンス・ジョンソン症候群、など。

使用上の注意点

他の薬との併用は悪影響の恐れがあります。併用する場合は、必ず医師や薬剤師に相談して下さい。

 

 使用は厳禁
・この薬で過敏症をおこしたことのある方
・妊娠の方
 使用に注意
・重い腎機能障害の方
・てんかんなどの、けいれん性疾患のある方

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事