当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

花粉症でまさか肌荒れまで!?

辛い鼻炎症状だけではなく、肌荒れまで引き起こしてしまうなんて、花粉症は本当に厄介ですよね。

今回は、花粉症による肌荒れの原因と対策、そしておススメの化粧品も紹介していきます。

スポンサーリンク

春は肌荒れの原因がこんなに

季節の変わり目、春は肌荒れの原因となるものが沢山あります!

代表的な3つの原因について見てみましょう。

 

寒暖差によるもの

常に外気にさらされている肌、特に顔や手など常に露出している部分は、常に温度によるストレスを受けやすい状態にあります。

 

春は一日の中でも温度差が激しく、また空気も乾燥しがちであることから肌荒れを起こしやすくなっているのです。

 

紫外線によるもの

夏にはしっかりと対策を行う紫外線も、春なら大丈夫と思っていませんか?

 

実際は、春でも紫外線は夏とほとんど変わらない量が降り注いでいるのです。

 

春であっても、天気のいい日には紫外線に気を付けなくてはいけません。

 

花粉などのアレルゲンによるもの

アレルギーによる皮膚の症状と言えばアレルギー性皮膚炎のようなものを思い浮かべがちですが、一見ただの乾燥肌や吹き出物といった肌荒れも、アレルギーによる症状の一つである可能性があります。

 

また、アレルギーによって炎症を引き起こすヒスタミンが出ているうちは、肌が敏感になっていて肌荒れしやすい状態となっています。

 

 

つまり、花粉症の症状が出ている間は、特に肌荒れに注意する必要があるのです。

花粉症による肌荒れは2種類にわかれる

更に、花粉症による肌荒れはここから2種類に分かれます。

 

花粉症皮膚炎

花粉症患者の一部に、顔などの露出部に赤みや痒みがあらわれることがあり、これを花粉症皮膚炎といいます。

 

この花粉症皮膚炎は花粉が飛散する季節のみにあらわれ、多くは女性に見られます。

 

また、アトピー性皮膚炎の方は、花粉症の季節に皮膚症状が悪化するといったこともあるようです。

 

マスクとティッシュによる肌荒れ

花粉症による鼻水を頻繁にかむことで、ティッシュによる摩擦・刺激を受けた部分の肌が赤くただれてしまうことがあります。

 

また常にマスクをしていると、その部分だけが強く肌荒れを起こすこともあります。

 

スポンサーリンク

花粉症皮膚炎の対策

特に花粉症による皮膚炎が辛い方は、以下の対策を試してみてください。

 

メイクを最小限に控える

化粧品に含まれる油分が、肌に花粉を付着させる原因となってしまいます。

 

メイク自体を最小限に控えるか、添加物やオイルフリーのファンデーションを使用しましょう。

 

帰宅後はすぐにメイクを落とし髪の毛の花粉も落とす

帰宅したら、まずは花粉を落とすためにメイク落としや洗髪をしましょう。

 

帰宅後はすぐにシャワーを浴びるのがおすすめです。

 

体についている花粉を落として、少しでもアレルギー症状を緩和するように心掛けてください。

 

優しい洗顔を心掛ける

洗顔はついついごしごしと念入りにしがちですが、花粉症の季節は優しく行いましょう。

 

よく泡立てた洗顔を使い、泡を動かすイメージで肌には力を入れないようにくるくると洗い、ぬるま湯で流してください。

 

化粧品の見直し

化粧品自体を、肌に刺激の少ないものに変えるというのも手です。

 

肌荒れにおススメの化粧水は「小林製薬 ヒフミド」


小林製薬のヒフミドは、セラミド配合の低刺激基礎化粧品です。

保湿力も抜群で、花粉症皮膚炎によって低下してしまったお肌のバリア機能を整え、乾燥を防いでくれます。

 

肌荒れにおススメのクリームは「花王 キュレル」


赤ちゃんも使える低刺激の「キュレル」のクリームは、顔からつま先まで全身に使えます。

乾燥や肌荒れが気になる部分に、一日数回塗り込んでみてください。

アレルギーテスト済みですから、安心して使用できますよ。

 

肌荒れにおススメのファンデーションは「資生堂 インテグレートミネラルファンデーション」


花粉症皮膚炎の時には、オイルフリーのミネラルファンデーションがお勧めです。

中でも市販で簡単に買うことができる「インテグレートミネラルファンデーション」は、紫外線をカットしつつ滑らかに仕上がる、アレルギーテスト済みで肌に優しいファンデーションです。

保湿力もあり肌から浮かず、一日中つけ心地がいいと評判です。

マスクとティッシュによる肌荒れの対策

次に重要なのは、マスクとティッシュの選び方です。

肌に刺激の少ないものの選び方と、おすすめの商品を紹介します。

 

肌荒れに優しいマスクとは

マスクは直接肌に長時間つけているものですから、肌荒れが起きている時にはマスクの素材選びも重要になります。

使い捨てで清潔感のある不織布マスクですが、化学繊維でできているため肌に合わない人もいます。

 

また、抗菌剤が含まれているマスクもありますが、抗菌剤がアレルギーの原因となってしまうこともありますので、避けた方が良いでしょう。

更に、マスクのサイズが合わないことでも摩擦が起き、肌荒れの原因になります。

 

マスクは顔を覆うような大きいものを選ぶようにしてください。

肌に優しいのはコットンのガーゼですが、しっかり毎日洗って清潔に使用するようにしましょう。

 

肌荒れにおススメのマスクは「Nuddy Cotton」


日本製の無添加ガーゼマスク「Nuddy Cotton」は、子供から大人まで、肌の弱い人でも安心して使えるマスクです。

特に使い捨てマスクで肌荒れが酷くなってしまったという人におすすめで、手洗いで何度でも繰り返し使用できます。

 

肌荒れに優しいティッシュとは

花粉症の時期には使いすぎてしまうティッシュ、たくさん使うからと安いものを買うと肌荒れがさらに深刻な状態になってしまうこともあります。

 

花粉症の症状が酷い時には、ティッシュは柔らかくしっとりしているものがお勧めです。

 

ティッシュ自体にスクワランや保湿成分が配合されているものだと尚良良いのですが、値段は普通のティッシュよりかなり高めです。

 

肌荒れにおススメのティッシュは「クリネックス ローションティシューエックス」


保湿成分配合ティッシュの中でも比較的安価で、しかも柔らかいけれどもしっかりしていて破れないと評判なのが「クリネックス ローションティシューエックス」です。

様々な高機能ティッシュがありますが、丁度いい使い心地が人気の秘訣のようです。

 

まとめ

毎日いくらお肌の手入れに気を使っていても、花粉が原因の肌荒れではなかなか症状の改善が見込めないというのはとても辛いことですよね。

花粉症の時期にはいくら時間があっても足りないほど、その対策に時間を費やさなければいけませんが、化粧品やマスクといったものの選び方で少しでもその対策が緩和できるように工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事