当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

スポンサーリンク

この薬の働き

この薬は、炎症にともなった腫れや痛みを抑えて熱を下げる働きがあります。

プロスタグランジンという、炎症を引き起こす物質の生合成を抑える力があります。

その作用は、じつはアスピリンよりも強力で即効性も高いのです。

座薬は、小児の急性上気道炎の解熱に使用されることがあります。

 

 使用は厳禁
・重い血液異常、重い肝機能障害、重い腎機能障害、重い心機能不全、重い高血圧症、消化性潰瘍、アスピリン喘息
・この薬で過敏症をおこしたことのある方
・抗HIV剤のジドブジンを服用している方
・妊娠後期の方
 使用に注意
・心機能異常、高血圧症、肝機能障害、腎機能障害、気管支喘息、潰瘍性大腸炎、クローン病
・妊婦の方

 

製品名

  • ブルフェン (科研)
  • イブプロフェン (鶴原製薬、テバ、辰巳化学)
  • ランデールン (鶴原製薬)

 

スポンサーリンク

効能

抗炎症、鎮痛、解熱

 

用法・容量

  • 内服薬は空腹時をを避けて200㎎を3回
  • 座薬は1日に1回~2回挿入

 

副作用

食欲不振、胃の不快感、腹痛、吐き気、嘔吐、発疹、かゆみ、消化不良、腹痛、下痢、眠気、めまい、むくみ、など。

 注意
喘息の方や消化性潰瘍のある方は、症状を悪化させることがあります。

 

重大な副作用

肝機能障害、急性腎不全、血小板減少、消化性潰瘍、中毒性表皮壊死、ネフローゼ症候群、スティーブンス・ジョンソン諸侯、溶血性貧血、など。

 

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事