目を使いすぎると目が痛くなることがありますが、目の奥が痛くなることもあると思います。痛みを感じるときめまいなどの症状を起こすこともあります。

また、両目だけでなく片目だけ痛い場合もあります。そんなとき何が原因で目の奥が痛くなるのか気になりますよね?

ここでは目の奥が痛くなる原因とその対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

めまいを伴う目の奥が痛くなる原因は?

目の奥の痛みだけでなく、めまいや吐き気などともなう時があります。それはなにが原因でなっているのでしょうか?

ここでは、めまいの症状をともなう目の奥の痛みの原因は何なのか見ていきましょう。

 

目の奥が痛くなるのは色々な原因がありますが、めまいも伴うということは脳に何かしらの原因があり影響が出たためです。

めまいの症状だけならメニエール病などの病気が考えられますが、目の奥が痛いという症状が出ている場合は原因が頭痛のことが多いです。

 

どんな頭痛になるとめまいを伴った目の奥の痛みが出るのかというと、それは主に偏頭痛です。

偏頭痛は光や音などに敏感に反応し、慢性的に頭痛を起こします。症状がひどいと吐き気やめまいを起こします。

 

偏頭痛が主な原因ですが、その他にめまいを伴う目の奥の痛みがでる頭痛は頚性頭痛(けいせいずつう)というものもあります。

頚性頭痛(けいせいずつう)は首の骨にある神経機能が刺激を受けるとたなる頭痛です。頭のいろいろな場所で痛みが出るため、痛みが出る場所によってはめまいを起こすことがあります。

また、頭痛のほかにも脳卒中など脳の病気になった場合にもめまいをともなった目の奥の痛みが出ます。

この場合、放っておくと脳卒中などの状態がひどくなる場合があります。めまいがして目の奥が痛くなる症状がひどくなったり、長引いたりする場合は早めに病院に行くようにしましょう。

片目だけ痛いのは何が原因?

目の痛みを感じる時両目が痛くなると思いますが、それが片目だけだと何かの病気になったのではないかと心配になりますよね。

片目が痛くなる原因には病気が関係しているかもしれません。では、どのような病気になると片目だけ痛くなるのか見ていきましょう。

 

三叉神経痛

三叉神経とは顔面の痛みを伝える神経で、この神経が何かの原因で圧迫されると顔面の片方だけ激痛を感じます。

その三叉神経の1つに眼窩下神経というのがあり、その神経が圧迫されると片目の奥が痛くなります。

三叉神経痛は自律神経が乱れたり、疲労がたまったときなどになることが多いです。

 

群発頭痛

群発頭痛は目の奥から側頭部にかけて痛みが出ます。

群発頭痛になるのは頻度があり年1回、数週間から数カ月の間起こり、その間毎日夜中から明け方にかけて睡眠時に起こります。

 

その際、片方の目の奥だけでなく、角膜炎や鼻水などの症状も一緒に出てきます。

 

脳腫瘍

脳腫瘍になると目の奥が痛くなります。脳腫瘍が出来る場所によっては片方の目の奥だけ痛くなります。

その際、痛みだけでなく吐き気やけいれんを起こすこともあります。

 

脳腫瘍を放っておくと腫瘍が大きくなったりするので、痛みが徐々に強くなったり、吐き気やけいれんなどを起こす場合は、早く病院に受診するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

目の奥が痛いときの対処法

通常目の痛みが出る時は、目の疲れが原因なので目を休めることで目の痛みを治すことが出来ます。

目の奥が痛いときは、頭痛が原因のことが多いため目の奥の痛みを治すには、頭痛を抑えることが必要です。

では、頭痛によって目の奥が痛むときの対処法をいくつかご紹介します。

 

煙草やアルコールを止める

煙草やアルコールを使用していると脳の血管を縮め、血流を悪くするため頭痛になります。

そうならないためにも頭痛が頻繁に出る人は煙草やアルコールを止めるようにしましょう。

 

痛いところを冷やして安静する

頭痛が起きているときは、血流が多くなっていることがあるので痛みがある部分を冷やして楽な姿勢で過ごすようにしましょう。

 

サプリメントを試してみる

突然の「ガンガン」「ズキズキ」には、サプリメントの力を借りるのも良いかもしれません。

出回っている商品は星の数ほどありますが、どれでも良いと言うわけではないでしょう。

以下の商品は大多数の方が実感できていて、合わない場合の返金保証もしてくれるそうです。

まずは、このような商品から試してみて、ご自分にサプリメントが合うのか確かめてみるのも良いでしょう。

【ずきしらずの実】

 

音や光を遮断する

頭痛になると音や光にも敏感に反応するので、部屋のカーテンを閉めたり、テレビの音を消すなどして音や光を遮断するようにしましょう。

 

この他にも、例えばツボを押すことにより、頭痛を改善させて目の奥の痛みを抑えることが出来るでしょう。しかし、さまざまな方法を試しても痛みが取れない場合は、お医者さんに診てもらうようにしましょう。

もしかすると頭痛以外の脳の病気が原因で目の奥が痛くなっているかもしれません。その場合、放っておくと痛みが強くなったり、痛み以外の症状が出ることがありますので早目に病院に行くようにしましょう。

まとめ

目の奥が痛いときは、頭痛や神経痛、脳の病気が隠れている場合があります。

その場合応急処置で痛みが治まっても、根本的に原因を治療しなければ治りません。

たかが目の痛みと思わず、痛みの程度や頻度、痛み以外の症状が出ている場合は病院に行ってお医者さんに診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事