子供用に作られた細菌を殺菌するお薬が「クラバモックス小児用配合ドライシロップ」です。

成分名はおもに、「アモキシシリン水和物」と「クラブラン酸カリウム」になりますが、今回は「アモキシシリン水和物」の特性についてお知らせしていたいと思います。

スポンサーリンク

この成分の働き

細菌の細胞壁合成を妨害し死滅させる、合成のペニシリン剤になります。

大腸菌、変形菌、腸球菌、レンサ球菌、肺炎球菌などに効力を発揮して、皮膚、目、耳、鼻、呼吸器、胆道、泌尿生殖器などの感染症に使用されます。

ペニシリン系の代表的な抗生物質である「アンピシリン」とほぼ同様の抗菌力がありながら、アンピシリンの短所を改善させた薬です。食事によって、吸収されにくくなることがありません。

 

この成分のおもな製品名

  • アモリン (武田薬品)
  • サワシリン (アステラス)
  • パセトシン (協和発酵キリン)

ジェネリック

  • アモキシシリン (辰巳化学、東和薬品、日医工、ニプロ)
  • ワイドシリン (MeijiSeika ファルマ)

配合剤

  • オーグメンチン配合 SS (グラクソ・スミスクライン)
  • オーグメンチン配合 RS (グラクソ・スミスクライン)
  • クラバモックス小児用配合 (グラクソ・スミスクライン)

 

スポンサーリンク

効能

  • 扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎、胆のう炎
  • 胆管炎、膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎、前立腺炎、副睾丸炎
  • 子宮内感染、骨盤腹膜炎、毛のう炎、膿皮症
  • とびひ、おでき、にきび、膿症、感染粉瘤、リンパ節炎
  • 中耳炎、涙のう炎、ものもらい、歯槽骨炎

など。

 

用法・容量

1回250㎎を3~4回服用します。

子供は、20~40㎎/㎏を、3回~4回に分けて服用します。

配合剤は、1回375㎎を3~4回服用します。

 

副作用

下痢、軟便、腹痛、嘔吐、吐き気、食欲不振、発疹などの過敏症、など。

重大な副作用

アナフィラキシーショック、偽膜性大腸炎、肝機能障害、紅皮症、スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死症、間質性肺炎、出血性大腸炎、急性腎不全、など。

 

使用上の注意点

血中の抗生物質の濃度を保つことが重要です。そのため一定時間ごとの服用を心掛けて下さい。

小児用ドライシロップは、低出生体重児や新生児、三カ月未満の乳児および体重40㎏以上の小児には使用しないようにしましょう。

 

 使用は厳禁
・この薬や他のペニシリン系抗生物質にて、ショックや過敏症をおこしたことのある方
・伝染性単核症のある方
 使用に注意
・セフェム系抗生物質で過敏症をおこしたことのある方
・本人または家族が、気管支喘息やアレルギー体質の方
・重い腎機能障害のある方
・妊婦の方

 

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事