当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

インフルエンザの薬として「タミフル」と並んで代表的なのがこの「リレンザ」です。

今回は、このリレンザの気になる効果や副作用についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この薬の働き

「リレンザ」としての製品名が有名ですが、成分名はザナミビル水和物となります。

このザナミビル水和物が効力を発揮するのはA型およびB型のインフルエンザのみで、C型への効力はありません。この点は「タミフル」と同様ですね。

吸入後に気道粘膜に到達したこの薬が、増殖に必要なウイルスの遊離を妨害することにより、感染の拡大を防ぐ働きをします。

ただしその有効性は、発症してから48時間以内にこの薬を使用した場合のみです。これもタミフルと同様と言ってよいでしょう。

 

予防薬として使用する場合

予防薬として使用するには条件があります。

それは原則として、

  • 65歳以上の高齢者
  • 慢性心疾患患者
  • 糖尿病などの代謝性疾患患者
  • 腎機能障害患者

上記のいずれかに当てはまり、その上で同居家族または共同生活者がインフルエンザに感染している場合です。

 

スポンサーリンク

製品名

リレンザ (グラクソ・スミスクライン)

 

効能

  • A型インフルエンザの治療および予防
  • B型インフルエンザの治療および予防

 

用法・容量

専用の吸入器を使用し、1日2回の吸入を5日間続けます。

予防に使用する場合は、1日1回の吸入を10日間続けます。

  ポイント
この薬の有効性は、発症から48時間以内に使用した場合に認められるものです。発症後は出来るだけ早く服用を開始して下さい。

 

副作用

下痢、頭痛、手のしびれ、口内炎、口の渇き、不眠症、食欲不振、吐き気、嘔吐、鼻血、耳鳴り、発汗、動悸、発熱、背部痛、など。

 

重大な副作用

アナフィラキシーショック、気管支痙攣、呼吸困難、スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死融解症、など。

 

使用上の注意点

小児や未成年者に異常行動の恐れがあります。服用後の2日間は患者が一人にならないように注意が必要です。

吸入器の使用は、使い方を十分理解したうえで正しく使用してください。

 使用は厳禁
・この薬で過去に過敏症をおこしたことのある人
・妊婦の方

 

口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事