当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

 

インフエンザの治療薬として2010年10月に発売されたイナビル。

これにより、それまで主流であったタミフルやリレンザの普及率を上回りました。

今回はこのイナビルの効果と副作用について説明していきます。

スポンサーリンク

この薬の働き

インフルエンザの治療薬として国内で初めて開発されたのが、このイナビルです。

成分名を「ラニナミビルオクタン酸エステル水和物」といい、ノイラミダーゼという名前の酵素の働きを阻害します。それにより、ウイルスの増殖を抑えるのですね。

発症から48時間以内に服用を始めることが原則です。もちろんなるべく早く服用を開始したほうが良いですね。

この薬は1回の吸入で効果が期待できることが特徴です。

タミフル同様、A型とB型のインフエンザウイルスに有効となり、C型への効果はありません。

 

製品名

  • イナビル吸入粉末剤 (第一三共)

 

スポンサーリンク

効能

  • A型インフルエンザの治療および予防
  • B型インフルエンザの治療および予防

 

用法・容量

【治療として】

40㎎(10歳未満は20㎎)を、1回吸入します。

【予防として】

20㎎を1日2回、2日間に渡り吸入します。

 

副作用

蕁麻疹などの過敏症、下痢、胃腸炎、嘔吐、腹痛、めまい、悪心、など。

 

重大な副作用

アナフィラキシー様症状、呼吸困難、気管支けいれん、中毒性表皮壊死融解症、ショック、スティーブンス・ジョンソン症候群、など。

 

使用上の注意点

小児や未成年者に異常行動の恐れがあります。服用後の2日間は患者が一人にならないように注意が必要です。

説明書をよく読んで、吸入方法を十分に理解して下さい。万一、ショック症状などがあらわれた場合、あおむけになり安静にしてください。そして補液を行うなどの適切な処置をしてください。

 

 使用は厳禁
・この薬で、過敏症をおこしたことのある方
 使用に注意
・慢性呼吸器疾患のある方

Twitterでの口コミ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事