現代人の多くが悩まされている不眠症・・・。

毎日の仕事だけではなく、楽しめるはずの休日まで憂鬱にしてくれるこの症状は、病院で処方される薬だけでは中々コントロールできないのが現実です。

薬に頼るだけではなく、日常生活から改善していきたいと思っている方は多いことでしょう。

今回は、不眠症を手軽にグッズや食べ物で改善する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

不眠症を改善するおすすめの方法

不眠症を改善する方法はいろいろありますが、不眠症の方は基本的なことはすべてやりつくしているのではないかと思います。

そこで、ちょっと変わった不眠症改善方法をご紹介します。

 

睡眠時に考え事をしない

ストレスからくる不眠に悩んでいる方の多くは、「寝る前に考え事をする」為に眠れなくなっていることが多く、睡眠時の考え事をやめることで眠りにつくのが容易になる可能性があります。

 

おすすめなのは「タイマーセットして音楽を聞きながら眠る」ことです。

この際の音楽は何でもいいですが、できればリラックスできるゆったりとしたものを選んでください。

 

体を疲れさせる

体を疲れさせることで、強制的に眠りを誘う方法です。

 

頑固な不眠症にはあまり効果がありませんが、一時的なストレスによる不眠には効果的です。

仕事が終わったら徒歩で帰る、眠る前にストレッチや筋トレをするなどして、上手にストレス解消しながら体を動かしてください。

 

目が覚めても起きない

夜中に目が覚めた時、ついついデジタル機器をいじったりしていませんか?

 

これは不眠症の場合には最もやってはいけない行動です。

目が覚めてしまっても、そのまま目を瞑って眠りましょう。

 

不眠症を改善するグッズ

ここからは、不眠症を改善する効果が期待できるグッズをご紹介します。

自分にピッタリなグッズを探してみてくださいね。

 

夏には塩枕

塩枕の存在をご存知ですか?

夏の枕は熱くなって寝苦しさの元ですが、いつも使っている枕の上に「塩枕」を置くことで、朝まで自然な清涼感を感じながら眠ることができます。

 

不眠の時には少しの不快も安眠妨害となりますから、夏にはこういったアイテムを使用するのも手ですね。

 

優しい抱き枕

「一人で眠る夜は不安感が増して中々眠ることが難しい」という方には、抱き心地の優しいふんわりとした抱き枕がおすすめです。

 

包まれる安心感、人肌のような柔らかさで不安感も吹き飛びますよ。

 

アロマオイル

様々な健康効果があることで有名なアロマオイルですが、睡眠の前にも効果的です。

 

ラベンダーやスイートオレンジのアロマオイルを睡眠前に使用して、リラックスしてからベッドに入るだけで寝つきが良くなりますよ。

 

スポンサーリンク

不眠症を改善する食べ物・飲み物

最後に、不眠症を改善する食べ物や飲み物をご紹介します。

効果には個人差がありますので、どの食べ物や飲み物が自分に合うのか試してみてくださいね。

 

玄米食

玄米に豊富に含まれるGABAには、ストレスを軽減して心を落ち着かせてくれる効果があると言われています。

強いストレスを感じている方は、普段から玄米食にしてみましょう。

 

小魚&ナッツ

おつまみとしてスーパーで売られている、小魚とナッツには睡眠を促すたんぱく質とGABAが含まれています。

 

いつも夜におやつを食べる習慣がある方は、小魚&ナッツにすると質のいい睡眠がとれる可能性があります。

 

豆乳

寝る前にはホットミルクが良いと言われていますが、ミルクが苦手な方やダイエット中の方はホット豆乳を飲むようにしましょう。

 

豆乳にも多くのたんぱく質が含まれていますので、睡眠にいいばかりではなく体力の回復や美容にも多くの効果が期待できます。

 

 

まとめ

現代では、年齢性別問わず睡眠の質が低下しています。

これは精神的なことばかりではなく、近年急に普及したデジタル機器が要因だという方も多いでしょう。

上手に睡眠がとれない方は、今一度生活習慣を見直してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事