当サイトにつきましては「免責事項」をご覧いただきご理解のうえご利用下さい

風邪をひくと頭痛、鼻水、鼻づまりなど症状が出ますが、それと同時によくおこるのが関節痛です。

風邪症状は、細菌やウィルスが原因となって起こりますが、関節の痛みも細菌などと関係しているのでしょうか?

今回は、風邪をひくと関節痛になるメカニズムや、風邪が原因で起こる関節痛の対処法について徹底解説いたします!

風邪をひいた時に関節に痛みが出たときは、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

なんで風邪をひくと関節痛になるの?

風邪の症状のひとつに関節の痛みがあります。

風邪をひくと外部から侵入したウィルスや細菌と闘うために、サイトカインという免役物質が出てきます。

サイトカインは、ウィルスや細菌と闘ってくれる物質ですが、多く出過ぎると各種臓器にダメージを与えてしまうことがあります。

 

過剰に出たサイトカインを抑える役割をするのが、プロスタグランジンE2(PGE2)です。

この物質は、臓器にダメージを与えないように出てくるのですが、人間が痛みを感じる感度を下げる作用があり、関節痛や生理痛を引き起こす原因にもなるのです。

 

風邪が原因による関節痛の対処法

風邪によっておこる関節痛は一時的な症状ですが、ジンジンとした関節の痛みは辛いものです。

痛みの原因は免疫細胞によるものなので、風邪症状が軽減すれば痛みも徐々に和らいできます。

それでも、少しでも早く風邪による関節痛を和らげたいときには、以下の方法を試してみましょう。

 

安静

風邪をひいた時は、体の免疫力が低下しています。

安静を保ち風邪を早めに治すことで、関節の痛みが和らぎます。

 

水分補給

風邪の時、発熱する方がほとんどですね。

熱が出ると汗が出て、体内から水分が出てしまいます。

こまめに水分を補給して脱水になるのを防いだり、乾燥から喉を守り、ウィルスが粘膜に付着するのを防ぐようにします。

 

たっぷりの睡眠

睡眠不足では体力が低下して、ウィルスや細菌などと闘うことができません。

風邪が長引けば、関節の痛みが長引くことになります。

睡眠を十分にとって体力を養いましょう。

栄養バランスのとれた食事

風邪をひくと食欲が低下しがちですが、全く食べないのは体力もなくなり病原菌と闘えなくなってしまいます。

食欲がなくてもお粥やにゅう麺、おもゆなど消化の良い食事を摂るようにしてくださいね。

 

ゼリーやプリンなど、喉ごしの良いデザート系の食品もおすすめですよ。

良質なタンパク質、ビタミン類など、栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

 

薬を飲む

痛みが我慢できないときは、一時的に痛みを取るために、市販薬を服用するのも良いでしょう。

解熱鎮痛剤など、痛みを抑える効果のある薬を選ぶようにします。

正しく使うことで効果を発揮するので、用法用量を守って服用するようにしてくださいね。

また、関節の痛みが強いからと言ってたくさん飲むと、副作用に繋がりますので注意が必要です。

 

アロマオイル

関節が痛い時は、ペパーミントラベンダ-を使用したアロマを焚くのも痛みが和らぎます。

またカモミールローズマリーユーカリなどは痛みを和らげる成分や炎症を抑える効果が得られます。

 

関節の痛みが強い時はこれらのアロマを炊きながら、痛い箇所をマッサージするのもお勧めです。

 

入浴する

入浴は、体調を見ながら入るようにしてください。

寒気があり体が震えているような時は避けるようにします。

熱が下がってくれば、お風呂で温まることにより関節の痛みが落ち着くことがあります。

入浴は短時間ですませるようにします。

 

スポンサーリンク

風邪が原因の関節痛に湿布は効果ある?

風邪症状のひとつに関節痛がありますが、皆さんは関節が痛い時に湿布を貼っていますか?

湿布を貼ると痛みが和らぐイメージがありますが、実は湿布を貼っても痛みの程度は変わりません。

 

湿布にはメントールなどスースとする清涼感成分が含まれているので、痛みが和らいだ気持ちになりますが、根本的な風邪症状を治さない限り痛みは取り除かれません。

風邪症状とは関係なく、関節に炎症などが起きている場合に湿布は効果を発揮します。

関節痛を引き起こす風邪以外の病気

熱が下がり、鼻水や鼻づまりの症状が治まっても関節の痛みが残る場合は、他の病気の可能性が考えられます。

痛みを放置すると症状が進行したり、重大な病気を見逃してしまうことがあります。

約2週間経過しても痛みが続くようであれば、医療機関を受診するようにしましょう。

 

化膿性関節炎

関節の治療を行った時や、関節の水を抜く治療の関節穿刺を行った時に、細菌が混入して炎症を起こすことがあります。

特に、糖尿病や膠原病で治療を受けている方が起こりやすいと言われています。

発熱や関節の痛み、腫れなど風邪と共通した症状が見られます。

 

関節リウマチ

原因不明の病気ですが、体質やウィルスなどによる感染が原因で起こると言われています。

30代~50代の女性にかかりやすい病気で、朝の関節のこわばりや微熱、倦怠感など症状が現れます。

 

変形性関節症

加齢に伴い、関節軟骨の厚みが少なくなった状態を言います。

軟骨が減り骨の形が変化して炎症を起こしますが、関節を動かすと痛みが生じます。

 

膠原病

膠原病は、いくつかの病気をまとめた病気を言います。

膠原病にかかると関節通や関節のこわばり、筋肉の痛みなど炎症が起こることがあります。

  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • リウマチ熱
  • 多発性筋炎
  • 皮膚筋炎
  • 結節性多発動脈炎
  • シェーグレン症候群
  • ベージェット病
  • サルコイドーシス
  • アミロイドーシス

などが膠原病と言われています。

 

痛風

痛風は男性に多く発症し、尿酸値が高くなり関節痛を引き起こします。

足の指の付け根が痛むことが特徴ですが、足首や膝の関節が痛むことがあります。

 

更年期による関節痛

更年期の女性に多く発症する病気で、動悸やのぼせ、ほてりなど共に、関節に痛みが起こります。

 

悪性腫瘍

体のどこかに癌を発症していると、関節が痛むことがあります。

関節の痛みがいつまでも続くような時は、癌が骨などに転移している可能性があります。

風邪が原因の関節痛におススメの市販薬

風邪の時の関節痛は、ウィルスや細菌が原因ではなくプロスタグランジンと言う物質が関与しているため、関節の痛みを取り除く薬を使うよりも、風邪を治すことで痛みが消失します。

風邪で関節が痛むときは、次に紹介する市販薬を服用すると効果的ですよ。

 

ロキソニンS

解熱鎮痛効果で、頭痛や関節痛などの痛みを素早く取り除いてくれるお薬です。

有効成分のロキソプロフェンナトリウム水和物が痛みの原因物質となるプロスタグランジンE2に働きかけ痛みを抑えてくれます。

胃に優しい処方なので、風邪で胃腸が弱っている方にも安心して飲むことができます。

眠くなる成分を含まないのもうれしいですね。

【楽天市場 爽快ドラッグ】

 

パブロンエースAX

イブプロフェンを配合し、炎症を抑える作用や熱を下げ痛みを取り除く作用が得られます。

発熱や頭痛、喉痛み、関節痛などに効果を発揮します。

痛みの原因となる物質に働きかけ、炎症を和らげ熱を下げる効果があります。

【楽天市場 ツルハドラッグ】

 

ルルアタックEX

ルルアタックEXは、炎症を抑える成分を配合して関節の痛みを和らげてくれます。

抗炎症成分のトラネキサム酸とイブプロフェンが、痛みの原因となる物質に働きかけて痛みや腫れを緩和します。

【楽天市場 ツルハドラッグ】

 

麻黄湯

生薬を配合し、体の優しい効き目の漢方薬です。

4つの生薬成分が、関節が痛む風邪症状に効果を発揮し症状を和らげてくれます。

含まれる生薬:
・麻黄(マオウ)
・桂皮(ケイヒ)
・甘草(カンゾウ)
・杏仁(キョウニン)

【楽天市場 サンドラッグe-shop】

 

葛根湯

風邪のひき初めに効果的と言われる漢方です。

7種類の生薬を配合し、熱を下げ痛みや腫れを緩和してくれます。

含まれる生薬:
・麻黄(マオウ)
・桂皮(ケイヒ)
・芍薬(シャクヤク)
・甘草(カンゾウ)
・大棗(タイソウ)
・生姜(ショウキョウ)

【楽天市場 ケンコーコム】

まとめ

風邪が原因で起こる関節の痛みは、風邪を早く治すことで痛みが軽減します。

関節の痛みは、原因となるプロスタグランジンが関係しています。

風邪が治れば関節の痛みもなくなりますが、風邪が治っても痛みが続くような場合は、他の病気の可能性があります。

痛みが残る時は、内科や整形外科など医療機関を受診して、原因を探すようにしてくださいね。

また免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなったり膠原病にかかるなど病気にかかりやすくなるので、日常から規則正しい生活や栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

参考文献
「アステラス なるほど病気ガイド 変形性関節症」
「とうきょうスカイツリー駅前内科」
「家庭の医学(時事通信社)」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事